« foobar2000 開発環境を用意する | トップページ | foobar2000 コンポーネント用のプロジェクトを作成しよう »

2007年7月31日 (火)

foobar2000 開発環境を用意(Visual Studio製品版)

Visual Studio製品版を購入する場合、手順は簡単。

  1. マイクロソフト Visual Studio を購入し、インストール
  2. foobar2000 Ver0.9.4 SDKをダウンロードして解凍

のみ実施すればよい。


手順1 マイクロソフト Visual Studio を購入し、インストール
Visual Studioにはいくつかのランクがあるが、特にこだわりがなければStandard版で十分。さらにStandard版は以下の3パッケージに分かれている。

左から「アカデミック版」、「アップグレード版」、「標準版」。

内容はほぼ同じだが値段が結構違う。

学生、教員の人は「アカデミック版」を購入できる。この値段でVisual Studioが使えるのはうれしい限り。

「アップグレード版」は、旧バージョンのVisual Studioを持っている人向け。標準版よりは値段が抑えられている。旧バージョンを持っている人はこれを選ぼう。

「アカデミック版」、「アップグレード版」のどちらにも当てはまらない人は「標準版」を選ぼう。


手順2 foobar2000 Ver0.9.4 SDKをダウンロードして解凍

以下のfoobar2000の公式サイトからSDKをダウンロードして適当な場所に解凍。

Software Development Kit - foobar2000.org

以上で完了。


|

« foobar2000 開発環境を用意する | トップページ | foobar2000 コンポーネント用のプロジェクトを作成しよう »

foobar2000」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56729/15960102

この記事へのトラックバック一覧です: foobar2000 開発環境を用意(Visual Studio製品版):

« foobar2000 開発環境を用意する | トップページ | foobar2000 コンポーネント用のプロジェクトを作成しよう »