« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

foobar2000 開発環境を用意(Visual Studio製品版)

Visual Studio製品版を購入する場合、手順は簡単。

  1. マイクロソフト Visual Studio を購入し、インストール
  2. foobar2000 Ver0.9.4 SDKをダウンロードして解凍

のみ実施すればよい。


手順1 マイクロソフト Visual Studio を購入し、インストール
Visual Studioにはいくつかのランクがあるが、特にこだわりがなければStandard版で十分。さらにStandard版は以下の3パッケージに分かれている。

左から「アカデミック版」、「アップグレード版」、「標準版」。

内容はほぼ同じだが値段が結構違う。

学生、教員の人は「アカデミック版」を購入できる。この値段でVisual Studioが使えるのはうれしい限り。

「アップグレード版」は、旧バージョンのVisual Studioを持っている人向け。標準版よりは値段が抑えられている。旧バージョンを持っている人はこれを選ぼう。

「アカデミック版」、「アップグレード版」のどちらにも当てはまらない人は「標準版」を選ぼう。


手順2 foobar2000 Ver0.9.4 SDKをダウンロードして解凍

以下のfoobar2000の公式サイトからSDKをダウンロードして適当な場所に解凍。

Software Development Kit - foobar2000.org

以上で完了。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

foobar2000 開発環境を用意する

まずコンポーネントを開発するためのソフトウェアを用意する必要がある。

開発環境にはマイクロソフトのVisual Studio 2005を利用する。

Visual Studioはフリー版も用意されているので無料で開発環境を構築することが可能。

ただし、フリー版にはリソースエディタやMFCが付いていない。

foobar2000で環境設定ページ等のダイアログを作ったりするのにはリソースエディタが必須なので、お金に余裕があるなら製品版のVisual Studio 2005(Standard版で十分)を購入することをお勧めする。

上記のフリー版、製品版のどちらか自分に合っている方を選び、開発環境を用意しよう。

私は製品版を購入したので、以降は製品版で解説する。


                                                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foobar2000関連の記事

概要

おすすめオーディオプレイヤー「foobar2000」


自作コンポーネント

My foobar2000 components


設定関連

音楽CDは可逆圧縮TAKで保存しよう

可逆圧縮TAKをWAV+CUEに変換しよう

可逆圧縮TAKにアルバムアート(ジャケット画像)を埋め込む方法

完全なギャップレスクロスフェーダーの設定

foobar2000をDLNAサーバーにしてPS3で音楽を聴く方法


コンポーネント開発入門

2013/04/12 追記

こちらの記事はVisual Studio 2005向けの古い情報です。

最新のVisual StudioやSDKには対応していませんのでご注意ください。

C++言語を覚えよう

開発環境を用意しよう

コンポーネント用のプロジェクトを作成しよう

バージョン情報を表示するコンポーネントを作ろう

デバッグビルドとリリースビルド

ビルドしたコンポーネントを自動的にコピーしよう

曲再生時にメッセージを表示しよう

曲情報を表示しよう

タグを更新しよう (2008/03/21 New)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

お気に入りのジーパンをリペアした

悲しいことにお気に入りのジーパンの膝部分が破れた(--;

愛着のある一品だったので、リフォームショップに持って行ってリペアしてもらったよ。

思った以上の仕上がりで満足。

ジーパン

利用したのは以下のお店。両膝のミシン叩きで\6,000。1週間ほどかかる。

【参考】

クイックリフォームF - ららぽーと横浜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

雷がすごい

1時間ほど前からずっと光りっぱなし。

5秒に1回は光るというのがずっと続いている。

こんな激しい雷雨は久々かも。

これが過ぎればいよいよ夏本番かな?

↑全然関係ない雷の映像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

VOLKS(フォルクス)って知ってる?

ステーキのファミレスみたいなもんかな。

先日とある番組で紹介されていて、久しぶりに行きたくなった。

探したら意外と近所にあったので行ってきたよ。

サーロインステーキ

小さい頃、外食に連れて行ってもらうのが楽しみでしかたなかったんよね(そうそう行けなかっただけに)。

うちの外食の定番といえばVOLKSと王将。どっちも好きだったな~。

そんな思い出のVOLKS、10年ぶりくらいかな?牛の鉄板も相変わらずでちょっと感動。

今度実家に帰ったら親を連れて行ってやろうかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

耳かきはなぜ気持ちいいのか?

最近ハマってる。

なんであんなに気持ちいいのかな~?

鼓膜付近の一進一退の攻防、大物が取れたときのあの達成感!

みなさんは耳かきしてますか?

粘着式綿棒

↑ダイソーで発見した粘着式綿棒。

試しに使ってみたけど思った以上に取れたよ。

掻き出すんじゃなくて、ペタペタと絡め取る感じ。

オススメ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

foobar2000 完全なギャップレスクロスフェーダーの設定

foobar2000で完全なギャップレスクロスフェードの設定方法があったので紹介する。

「完全な」と言っているのは、従来のギャップレスクロスフェーダーコンポーネントでは、マニュアルで曲を変更した場合に一瞬曲が途切れてしまう問題があったため。今回紹介する方法を使えば途切れないようになる。

手順は以下の通り。

  1. こちらのサイトから foo_dsp_crossfader.zip をダウンロードしインストールする
  2. こちらの記事の画像を参考にfoobar2000を設定する

肝は最後の画像(Advancedページの設定)にある。

foobar2000のAdvancedページでPlayback項目を手動で変更する(特に"Full file buffering up to"の値に注意して設定する)。

クロスフェード具合は"Fading on seek" 、"Fade out"の値で調整する。

↓は私の好みの設定。

Advancedページの設定例

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

foo_playback_custom v1.3.8

foo_playback_custom v1.3.8をリリースしました。

更新内容

  1. データベースに foo_custominfo を使用する設定のとき、常にファイルを更新してしまうバグを修正した。

ダウンロード

foo_playback_custom.dll

リンク

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_playback_custom v1.3.7 (English manual)

I released foo_playback_custom v1.3.7.

Change log

  1. Supported tag convertion function
    You can convert the official playback statistics tag (including timestamp) to an another.
    You can convert tag to custominfo database and vice versa.

Download

foo_playback_custom.dll

Introduction

This component stores playback statistics (play count, first played date, last played date) in a tag or foo_custominfo database.

If the component is unable to write a tag, you can have it write the information into the custom_info database (this requires you to have foo_custominfo installed).

Features

  • Writes playback statistics (play_count, first_played, last_played) in tags or foo_custominfo database
  • Allows you to select which information to be written
  • Allows you to select the tags where the information is to be stored
  • Allows you to select when the information is updated (when the song starts playing, when it has finished etc)
  • Writes statistics to custominfo database if tag could not be written (e.g. when dealing with cue + wav, wma)
  • Allows you to convert the official playback statistics tag (including timestamp) to an another
  • Allows you to convert tag to custominfo database and vice versa
  • High performance more than foo_playcount_mod

Defaults

All of the following can be changed:

  • Default tag name for play count: %play_counter%
  • Default tag name for first played: %first_played%
  • Default tag name for last played: %last_played%
  • Format of first played and last played is: YYYY-MM-DD HH:MM:SS
  • Update playback statistics: when song has been played for 60 seconds

Installation

  1. Copy dll file to "foobar2000\components" directory
  2. Run foobar2000

Settings

  1. Run foobar2000
  2. Check to see that foo_playback_custom is installed by going to Preferences -> Components.
    Also, check to see if you are using the latest version.

    バージョン確認画面
  3. Go to Preferences -> Tools -> Playback Statistics Custom

    Settings
     

    【Playback Statistics Update Timing】

    This option allow you to change when the plugin updates information:

    Disable (Do not update)

    (self explanatory)

    Update when a track is started
    (self explanatory)

    Update when a track is ended

    (self explanatory)

    Update when playback percentage is

    You can select a value between 1% and 99%.

    Update when playback second(s) is

    You can set any value greater than 1 second.

    【Playback Statistics Settings】

    Use the checkboxes to select which tags you want to write.
    If you want to use a different tag to store the information (e.g. Play_Count instead of Play_counter), type in the box.

    Use the combo box to select which database you want to write.

    only tags

    Write only file tags.

    only foo_custominfo database
    Write only foo_custominfo database.
    This requires you to have foo_custominfo installed.

    tags and foo_custominfo database (if writing tag fails)
    If this component is unable to write a tag, you can have it write the information into the foo_custom_info database.
    This requires you to have foo_custominfo installed.

    You want to convert old tags, check "Convert old tag and Remove" and type source old tag name in the box.
    (note) If the old tags has converted new tags, old tags has removed.

    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    If selected, no information will be written to songs that are not in the media library.

FAQ

(Q) I get a popup window when playback statistics is being updated. Is this normal?
(A) Normally, the window shouldn't appear while using the component. it only appears when I/O processing time while writing the tag is long. The track might also stop playing.

Cause:
* While playing losssless files (e.g. Flac, APE, Wavpack, TAK) which are highly compressed, IO processing time can be long.
* Another component is trying to update the file information at the same time.
* Your Hard drive is slow/ fragmented

Solution:
* Use a lower compressed lossless file
* Try changing the update time setting. (Usually components like foosic and audioscrobbler update at around 1 min.)
* Defrag your hard drive

Disclaimer

You are using the component at your own risk. The developer is not responsible for any damages.

Links

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio:
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_playback_custom v1.3.7

foo_playback_custom v1.3.7をリリースしました。

更新内容

  1. 旧タグからのコンバート機能を追加した
  2. 公式Playback Statisticsのタグ(タイムスタンプ含む)からのコンバート機能を追加した
  3. タグとfoo_custominfo間の相互変換機能を追加した
  4. 設定ページのapplyボタンの廃止

ダウンロード

foo_playback_custom.dll

これ何?

再生回数や再生した時刻を記録するコンポーネント。

データの記録先としてタグまたはfoo_custominfoのデータベースを選択可能。

foo_playcount_mod で音飛びや動作の遅さが気になっている人は試してみてください。foo_playcount_mod よりは負荷が低いと思います。

  • タグまたはfoo_custominfoのデータベースに再生情報(再生回数、最初に再生した時刻、最後に再生した時刻)を記録する
  • 記録する再生情報は選択可能(再生回数は記録しないといったことが可能)
  • タグに書けない場合(CUE+WAVやWMA等)は foo_custominfo のデータベースに書き込むように設定することも可能
  • 旧タグから新タグへの変換が可能(公式Playback Statisticsタグからの変換も可能)
  • 再生情報を更新するタイミングを自由に設定可能
  • 再生情報を更新するタグ名を自由に設定可能
  • foo_playcount_mod よりは動作は軽い・・・はず

仕様

  • 再生情報の記録先としてタグ、foo_custominfoのデータベース、タグ+foo_custominfoのデータベースの3パターンから選択可能
  • 再生回数のデフォルトタグは %PLAY_COUNTER% (変更可能)
  • 最初に再生した時刻のデフォルトタグは %FIRST_PLAYED% (変更可能)
  • 最後に再生した時刻のデフォルトタグは %LAST_PLAYED% (変更可能)
  • 再生情報更新条件を満たすと選択した再生情報を更新する
  • 最初に再生した時刻、最後に再生した時刻のフォーマットは「YYYY-MM-DD HH:MM:SS」で固定
  • トラックが設定秒数未満の場合は、トラックの再生が終了したときに再生情報を更新する
  • シークバーで曲の再生位置を変更しても再生秒数は減らない(例:60秒で更新する設定のとき、シークバーで曲の先頭に戻る操作をして何度も同じ箇所を聴いていても、合計60秒間聞けば再生情報を更新する)
  • 再生情報更新条件、タグ名等の設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。

前バージョンからお使いの方は上書きしてください。

設定

  1. foobar2000を起動
  2. foo_playback_custom.dll のロードを確認
    Preferences → Components で "Playback Statistics Custom" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK

    バージョン確認画面
  3. 設定
    Preferences → Tools → Playback Statistics Custom ページを開く
    以下のような画面が表示される。
    設定画面

    【Playback Statistics Update Timing】

    再生情報を更新する条件をグループボックスで選択する。
    デフォルトでは60秒再生すると更新する。
    以下に各設定内容について説明する。

    Disable (Do not update)

    更新しない。
    一時的に無効にしたいときなどにどうぞ。

    Update when a track is started
    トラックの再生を開始した直後に更新する。

    Update when a track is ended

    トラックの再生が終了した直後に更新する。

    Update when playback percentage is

    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に更新する。
    割合はスライドバーで設定してください。
    1~99%が選択可能。
    0%を使いたい    → 「Update when a track is started」を使って下さい
    100%を使いたい → 「Update when a track is ended」を使って下さい

    Update when playback second(s) is

    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に更新する。
    秒数はエディットボックスに入力してください。
    1秒以上が設定可能。
    0秒を使いたい  → 「Update when a track is started」を使って下さい

    【Playback Statistics Settings】

    記録する再生情報に関する設定を行う。
    記録したい再生情報にチェックを入れ、記録するタグ名を設定する。デフォルトでは PLAY_COUNTER、FIRST_PLAYED、LAST_PLAYED になっている。
    また、Databaseコンボボックスで再生情報の記録先を選択する。以下に選択可能な記録先を示す。

    only tags

    タグに再生情報を記録する。

    only foo_custominfo database
    foo_custominfoのデータベースに再生情報を記録する。ファイルタグは一切書き換えない。要foo_custominfo.dll。

    tags and foo_custominfo database (if writing tag fails)
    タグに再生情報を記録するが、タグに書けないような場合(CUE+WAVやWMA等)はfoo_custominfoのデータベースに書き込む。要foo_custominfo.dll。

    旧タグからの変換を行いたい場合は各タグの「Convert old tag and Remove」にチェックを入れ、旧タグ名を入力する。
    (注) 変換すると旧タグは削除されますので注意して下さい!

    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみプレイパック情報を更新する。

使ってみる

Title Formattingで %PLAY_COUNTER%、%FIRST_PLAYED%、%LAST_PLAYED% フィールド(変更した場合は変更したフィールド名)を表示してトラックを再生、設定条件を満たしたときに情報が更新されればOK。

注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

よくある質問

(Q) タグに書き込むときにアップデート中のダイアログが一瞬表示されるのが嫌なんだけど・・・
(A) 仕様です(普通は出ないと思います)。foobar2000の仕様で、ファイルの書き込みに一定以上の時間がかかるとそのダイアログが表示されます。時間がかかる要因としては、「HDDの性能が悪い」「APEやWavePack等の可逆圧縮コーデックを使用し、なおかつ高圧縮の設定で使っている」等があります。頻出する場合はこれらを解決するか、記録先としてfoo_custominfoのデータベースを選択するようにしてください。

免責事項

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

foo_playback_custom v1.2.1

foo_playback_custom v1.2.1をリリースしました。

更新内容

  1. foo_custom_pc.dll の内容を吸収、統合した。
  2. 再生回数のデフォルトタグ名を "PLAY_COUNTER" に修正した。

今回のバージョンで、foo_custom_pc.dll の内容を統合しました。

従来のユーザの方はお手数ですが、データの記録先を再設定願います。
(設定画面、Playback Statistics SettingsのDatabaseコンボボックスを新設しましたので、希望の記録先を選択してください。"タグに書けなかったときにfoo_custominfoのデータベースに記録する"というオプションは廃止し、本コンボボックスから選択するように変更しました。)

なお今後 foo_custom_pc.dll は更新しませんので、foo_custom_pc.dll ユーザの方はお手数ですが本コンポーネントに移行してください。

ダウンロード

foo_playback_custom.dll

これ何?

再生回数や再生した時刻を記録するコンポーネント。

データの記録先としてタグまたはfoo_custominfoのデータベースを選択可能。

foo_playcount_mod で音飛びや動作の遅さが気になっている人は試してみてください。foo_playcount_mod よりは負荷が低いと思います。

  • タグまたはfoo_custominfoのデータベースに再生情報(再生回数最初に再生した時刻最後に再生した時刻)を記録する
  • 記録する再生情報は選択可能(再生回数は記録しないといったことが可能)
  • タグに書けない場合(CUE+WAVやWMA等)は foo_custominfo のデータベースに書き込むように設定することも可能
  • 再生情報を更新するタイミングを自由に設定可能
  • 再生情報を更新するタグ名を自由に設定可能
  • foo_playcount_mod よりは動作は軽い・・・はず

仕様

  • 再生情報の記録先としてタグ、foo_custominfoのデータベース、タグ+foo_custominfoのデータベースの3パターンから選択可能
  • 再生回数のデフォルトタグは %PLAY_COUNTER% (変更可能)
  • 最初に再生した時刻のデフォルトタグは %FIRST_PLAYED% (変更可能)
  • 最後に再生した時刻のデフォルトタグは %LAST_PLAYED% (変更可能)
  • 再生情報更新条件を満たすと選択した再生情報を更新する
  • 最初に再生した時刻、最後に再生した時刻のフォーマットは「YYYY-MM-DD HH:MM:SS」で固定
  • トラックが設定秒数未満の場合は、トラックの再生が終了したときに再生情報を更新する
  • シークバーで曲の再生位置を変更しても再生秒数は減らない(例:60秒で更新する設定のとき、シークバーで曲の先頭に戻る操作をして何度も同じ箇所を聴いていても、合計60秒間聞けば再生情報を更新する)
  • 再生情報更新条件、タグ名等の設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。

前バージョンからお使いの方は上書きしてください。

設定

  1. foobar2000を起動
  2. foo_playback_custom.dll のロードを確認
    Preferences → Components で "Playback Statistics Custom" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK
    バージョン確認画面
  3. 設定
    Preferences → Tools → Playback Statistics Custom ページを開く
    以下のような画面が表示される。
    設定画面

    【Playback Statistics Update Timing】

    再生情報を更新する条件をグループボックスで選択する。
    デフォルトでは60秒再生すると更新する。
    以下に各設定内容について説明する。

    Disable (Do not update)

    更新しない。
    一時的に無効にしたいときなどにどうぞ。

    Update when a track is started
    トラックの再生を開始した直後に更新する。

    Update when a track is ended

    トラックの再生が終了した直後に更新する。

    Update when playback percentage is

    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に更新する。
    割合はスライドバーで設定してください。
    1~99%が選択可能。
    0%を使いたい    → 「Update when a track is started」を使って下さい
    100%を使いたい → 「Update when a track is ended」を使って下さい

    Update when playback second(s) is

    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に更新する。
    秒数はエディットボックスに入力してください。
    1秒以上が設定可能。
    0秒を使いたい  → 「Update when a track is started」を使って下さい

    【Playback Statistics Settings】

    記録する再生情報に関する設定を行う。
    記録したい再生情報にチェックを入れ、記録するタグ名を設定する。デフォルトでは PLAY_COUNTER、FIRST_PLAYED、LAST_PLAYED になっている。
    また、Databaseコンボボックスで再生情報の記録先を選択する。以下に選択可能な記録先を示す。

    only tag

    タグに再生情報を記録する。

    only foo_custominfo database
    foo_custominfoのデータベースに再生情報を記録する。ファイルタグは一切書き換えない。要foo_custominfo.dll。

    tag and foo_custominfo database (if could not write tag)
    タグに再生情報を記録するが、タグに書けないような場合(CUE+WAVやWMA等)はfoo_custominfoのデータベースに書き込む。要foo_custominfo.dll。


    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみプレイパック情報を更新する。

使ってみる

Title Formattingで %PLAY_COUNTER%、%FIRST_PLAYED%、%LAST_PLAYED% フィールド(変更した場合は変更したフィールド名)を表示してトラックを再生、設定条件を満たしたときに情報が更新されればOK。

注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

よくある質問

(Q) タグに書き込むときにアップデート中のダイアログが一瞬表示されるのが嫌なんだけど・・・
(A) 仕様です(普通は出ないと思います)。foobar2000の仕様で、ファイルの書き込みに一定以上の時間がかかるとそのダイアログが表示されます。時間がかかる要因としては、「HDDの性能が悪い」「APEやWavePack等の可逆圧縮コーデックを使用し、なおかつ高圧縮の設定で使っている」等があります。頻出する場合はこれらを解決するか、記録先としてfoo_custominfoのデータベースを選択するようにしてください。

免責事項

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

テニスをしてきた

いや~、今日は全く動けなかった。

最初の10分でバテてしまったよ。

テニスコート

湿度が高くてジワジワと体力が奪われていく感じ。

昨日のサッカー、オーストラリア戦もかなりの気温&湿度の中、よくあれだけ動き回れるもんだとプロの凄さを改めて感じさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月21日 (土)

foo_ftpput v0.4.9

foo_ftpput v0.4.9をリリースしました。


更新内容

  1. 表示曲数を変更できるようにした(1~最大100曲まで)
  2. 曲再生開始時にアップロードする設定の時、曲を連続でスキップした場合にクラッシュする問題の修正


注意事項

v0.3.1(beta) からお使いの方は、本コンポーネントの再インストールが必要です。
再インストールの方法は以下の通りです。

  1. 本コンポーネントの設定状況をメモする
  2. foobar2000を終了する
  3. foobar2000\components\foo_ftpput.dll を削除する
  4. foobar2000を起動する
  5. 起動時に foo_ftpput.dll の設定を保持するか聞かれるので"いいえ"を選択する
  6. foobar2000を終了する
  7. 新しくダウンロードした foo_ftpput.dll を foobar2000\components にコピーする
  8. foobar2000を起動する
  9. 本コンポーネントの設定をメモから復元する


ダウンロード

foo_ftpput.dll


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

foo_ftpput v0.4.8 (beta)

foo_ftpput v0.4.8(ベータ版)をリリースしました。


更新内容

  1. タイトル等のメタデータを一定の長さで打ち切るかどうか設定できるようにした
  2. 細かなバグ修正


注意事項

前バージョンからお使いの方は、本コンポーネントの再インストールが必要です。
再インストールの方法は以下の通りです。

  1. 本コンポーネントの設定状況をメモする
  2. foobar2000を終了する
  3. foobar2000\components\foo_ftpput.dll を削除する
  4. foobar2000を起動する
  5. 起動時に foo_ftpput.dll の設定を保持するか聞かれるので"いいえ"を選択する
  6. foobar2000を終了する
  7. 新しくダウンロードした foo_ftpput.dll を foobar2000\components にコピーする
  8. foobar2000を起動する
  9. 本コンポーネントの設定をメモから復元する


ダウンロード

foo_ftpput.dll


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

セカンドライフ 日本語版ベータ リリース開始

先週末、セカンドライフの日本語版ベータがリリースされた。

セカンドライフ

今までのバージョンでもメニュー等で日本語を使うことはできたが、直訳英語特有の不自然さがあった。しかし、今回の正式対応でかなり改善されている。

例えば「Inventory」が前バージョンでは「在庫目録」となっていたが、「持ち物」に変更された。

なお、日本語版といっても日本語専用のソフトウェアが用意されているわけではないので、普通にセカンドライフの公式サイトから最新版をダウンロードして使用言語を日本語にすればよい。

【参考】
ダウンロード - Second Life

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年7月14日 (土)

最近見たDVD「スティッチ!ザ・ムービー」

リロ&スティッチの続編。

舞台であるハワイの雰囲気がこちらにも伝わってくるのがいい。

おすすめ度:

子供と一緒に見るといいかも。どことなくポケモンを連想させるし・・・。

てゆーか悪いピカチューが出てきたぞ(写真左上)。

「mahalo」って「ありがとう」の意なのね。初めて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月13日 (金)

今度はノートパソコンのディスプレイが・・・

壊れた!!

いや、ネタとかじゃなくて。

壊れたノートパソコンのディスプレイ

なんでこう立て続けに壊れるかな~?(--;

このノートパソコンも年季が入ったものだけに(Pentium 166MHz、メモリ64M)、寿命っちゃあ寿命なんやけど。

ただ、時々画面が映るから昨日のディスプレイよりはまだましかも・・・。

もうちょっと調べてみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

ディスプレイが壊れた

しばらく前から調子が悪かったディスプレイが今日ついに壊れた。

壊れた17インチディスプレイ

ブツッと画面が消えたきり、何も映らなくなってしまった。

かれこれ10年は酷使したからなぁ。

長い間お世話になりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

foo_custom_pc v1.1.1

foo_custom_pc v1.1.1をリリースしました。

更新内容

  1. 再生回数、最初に再生した時刻、最後に再生した時刻の記録要否をそれぞれ選択できるようにした (これにより再生回数のみを記録するというようなことが可能になった)

ダウンロード

foo_custom_pc.dll

これ何?

タグではなく、foo_custominfoのデータベースに再生情報(再生回数、最初に再生した時刻、最後に再生した時刻)を書き込むプラグイン。

再生情報をタグで管理したい人はfoo_playback_customを使ってください。

foobar2000 v0.9向け。v0.8では動作しない。

従来のfoo_playcountやfoo_playcount_modと何が違うの?

foo_custominfoを利用するため、手動で再生回数等を編集可能。

ちょっとファイル名を変えただけで再生回数がリセットされることがあると思う。そんなときに手動で再生回数を設定しなおすことで、前の値を引き継ぐことができる(あくまで手動で)。

またOS入れ替えのときでも再生回数の移行が可能。ただし、そのためには再生回数のバックアップとっておき、移行するときにバックアップの値をもとに手動で再設定する必要あり。かなり面倒やけど、一応移行する手段として利用できるということで。

仕様

  • foo_custominfoのデータベースに再生情報を記録する
  • 再生回数のデフォルトタグは %PLAY_COUNT% (変更可能)
  • 最初に再生した時刻のデフォルトタグは %FIRST_PLAYED% (変更可能)
  • 最後に再生した時刻のデフォルトタグは %LAST_PLAYED% (変更可能)
  • 再生情報更新条件を満たすと上記3つの再生情報を更新する
  • 上記3つの再生情報のどれかだけを更新しないようにすることはできない (全て更新対象)
  • 最初に再生した時刻、最後に再生した時刻のフォーマットは「YYYY-MM-DD HH:MM:SS」で固定
  • トラックが設定秒数未満の場合は、トラックの再生が終了したときに再生情報を更新する
  • シークバーで曲の再生位置を変更しても再生秒数は減らない(例:60秒で更新する設定のとき、シークバーで曲の先頭に戻る操作をして何度も同じ箇所を聴いていても、合計60秒間聞けば再生情報を更新する)
  • 再生情報更新条件、タグ名等の設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる

インストール方法

前バージョンからお使いの方は、手順6のみ実施してもらえればOKです。

  1. foo_custominfoを導入 (詳細はこちらを参照)
  2. foo_custom_pc.dll を foobar2000\components にコピー
  3. foobar2000を起動
  4. foo_custom_pc.dll のロードを確認
    Preferences → Components で "Playcounter for foo_custominfo" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK

    Components
  5. foo_custominfoの設定
    Preferences → Tools → Custom Info → Generalタブ
    Storage method selection で "None (disabled)" 以外を選択後
    以下の通りチェックを入れる
    Custominfo_general

    Preferences → Tools → Custom Info → Context menu commandsタブ
    Custominfo_context

    Tag items に 以下の4項目を追加 (Newボタンで追加できる)
    # Display name Field Name Value 備考
    1 Custom Info/PC +1 PLAY_COUNT $add(%PLAY_COUNT%,1) 再生回数 +1
    2 Custom Info/PC -1 PLAY_COUNT $sub(%PLAY_COUNT%,1) 再生回数 -1
    3 Custom Info/Remove PC PLAY_COUNT 再生回数 削除
    4 Custom Info/Synchronized with %PLAY_COUNTER% PLAY_COUNT %PLAY_COUNTER% 再生回数を%PLAY_COUNTER%から取得

    上記4項目にショートカットキーを割り当てておくと便利。
  6. foo_custom_pcの設定
    Preferences → Tools → Playcounter for foo_custominfoページを開く
    以下のような画面が表示される。
    settings

    【Playback Statistics Update Timing】
    再生回数をカウントアップしたい条件をグループボックスで選択する。
    以下に各設定内容について説明する。

    Do not update counter
    カウントアップしない。
    一時的に無効にしたいときなどにどうぞ。

    Update when a track is started
    トラック再生開始時にカウントアップ。
    トラックの再生を開始した直後にカウントアップする。

    Update when a track is ended
    トラック再生終了時にカウントアップ。
    トラックの再生が終了した直後にカウントアップする。

    Update when playback percentage is
    トラックの一定割合を再生したらカウントアップ。
    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合にカウントアップする。
    割合はスライドバーで設定してください。
    1~99%が選択可能。
    0%を使いたい    → 「Update when a track is started」を使って下さい
    100%を使いたい → 「Update when a track is ended」を使って下さい

    Update when playback second(s) is
    トラックの一定秒数を再生したらカウントアップ。
    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合にカウントアップする。
    秒数はエディットボックスに入力してください。
    1秒以上が設定可能。
    0秒を使いたい  → 「Update when a track is started」を使って下さい


    【Tag Name Settings】
    再生情報を記録するタグ名を設定する。デフォルトでは PLAY_COUNT、FIRST_PLAYED、LAST_PLAYED になっているので、変更したい人は適宜修正してapplyボタンを押して下さい。

    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみプレイパック情報を更新する。 (New!)

使ってみる

下図のようにTitle Formattingで %PLAY_COUNT%、%FIRST_PLAYED%、%LAST_PLAYED% フィールドを表示してトラックを再生、設定条件を満たしたときに各フィールドの値が更新されればOK。

確認

また、トラックを選択して(複数トラックでも可)右クリック → Custom Info で、先ほど設定した4項目が表示されると思う。

"PC +1" を使えば %PLAY_COUNT% フィールドの値が1カウントアップされるはず。

"Synchronized with %PLAY_COUNTER%" を使えば、従来の %PLAY_COUNTER% から値を取得し、%PLAY_COUNT% に設定することができる。従来の %PLAY_COUNTER% から移行するときにどうぞ。

コンテキストメニューから%PC%を操作可能

注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

免責事項

  • 本プラグインを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするプラグインか分かる人のみ使用してください。
  • 現在foo_custominfoはv0.1.2でのみ動作確認をしています。v0.1.2以外を使用した場合、不具合が起きるかもしれません。
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio
Wiki - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

foo_playback_custom v1.1.1 (for English users)

I released foo_playback_custom v1.1.1.

Preface

I write English only a little, so sorry for strange sentences.

Change log

  1. Added selection of write tag (Play-Count, First Played and Last Played).
    You can write tag only selected (like only Play-count etc.).

Download

foo_playback_custom.dll

Features

This component stores playback statistics (play-count, first-played and last-played) with tag likes foo_playcount_mod and faster response than it.

And if could not write tag, also can write playback statistics with foo_custominfo database.

  • Write playback statistics (play-count, first-played and last-played) with tag
  • You can select writing playback statistics type (play-count, first-played and last-played)
  • if could not write tag (like cue+wav, wma etc), also can write playback statistics with foo_custominfo database.
  • You can change the playback statistics update timing.
  • You can change the tag name writing playback statistics.

Specification

  • Default tag name of play-count is %PLAY_COUNT% (You can change)
  • Default tag name of first-played is %FIRST_PLAYED% (You can change)
  • Default tag name of last-played is %LAST_PLAYED% (You can change)
  • Update playback statistics when satisfy the timing you set
  • The format of first-played and last-played is "YYYY-MM-DD HH:MM:SS"
  • Update playback statistics when the track is ended if the track length is shorter than your settings.
  • The change settings become effective when next track is started.

Installation

  1. Copy dll file to "foobar2000\components" directory
  2. Run foobar2000

Settings

  1. Run foobar2000.
  2. Check loading "foo_playback_custom.dll".
    Look at "Preferences - Components" and check version is correct.バージョン確認画面
  3. Look at "Preferences - Tools - Playback Statistics Custom"
    Settings

    【Playback Statistics Update Timing】

    Select the timing which update playback statistics with radio button.
    In default, update playback statistics for 60 seconds played.

    Disable (Do not update)

    No explanation.

    Update when a track is started
    No explanation.

    Update when a track is ended

    No explanation.

    Update when playback percentage is

    You can select between 1 and 99%.

    Update counter when playback second(s) is

    You can change 1 second or more.

    【Playback Statistics Settings】

    Select you need to update tag.

    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    If checked, only tracks in the media library update playback statistics.

    Store playback statistics with foo_custominfo database ...
    If checked, write playback statistics with foo_custominfo database when could not write tag.
    This option needs "foo_custominfo.dll".

FAQ

(Q) The pop up window appeared for a moment when update playback statistics. Is it normal?
(A) It is normal. But normally do not appeared.

The pop up window appears in writing the file when the I/O processing time is long.
Then track might temporarily stops.

[Cause]
* The file format you play is lossless like ape, WavPack and high compressed setting. Therefore IO processing time is long.
* The performance of HDD is bad.

[Measure]
* Use low compressed lossless file.
* Change the HDD in high performance.
* Use foo_custom_pc (do not use foo_playback_custom)


Exemption matters

Please use this component at your own risk.


Links

Discussion forum is follows page.
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio

Wiki - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_playback_custom v1.1.1

foo_playback_custom v1.1.1をリリースしました。

更新内容

  1. 再生回数、最初に再生した時刻、最後に再生した時刻の記録要否をそれぞれ選択できるようにした (これにより再生回数のみを記録するというようなことが可能になった)

ダウンロード

foo_playback_custom.dll

これ何?

タグに再生回数や再生した時刻を書き込む foo_playcount_mod と同じようなもの。

foo_playcount_mod は更新が止まっているようなので作ってみた。

foo_playcount_mod で音飛びや動作の遅さが気になっている人は試してみてください。foo_playcount_mod よりは負荷が低いと思います。

  • タグに再生情報(再生回数最初に再生した時刻最後に再生した時刻)を記録する
  • 記録する再生情報は選択可能(再生回数は記録しないといったことが可能)
  • タグに書けない場合(CUE+WAVやWMA等)は foo_custominfo のデータベースに書き込むように設定することが可能
  • 再生情報を更新するタイミングを自由に設定可能
  • 再生情報を更新するタグ名を自由に設定可能
  • foo_playcount_mod よりは動作は軽い・・・はず

仕様

  • 再生回数のデフォルトタグは %PLAY_COUNT% (変更可能)
  • 最初に再生した時刻のデフォルトタグは %FIRST_PLAYED% (変更可能)
  • 最後に再生した時刻のデフォルトタグは %LAST_PLAYED% (変更可能)
  • 再生情報更新条件を満たすと選択した再生情報を更新する
  • 最初に再生した時刻、最後に再生した時刻のフォーマットは「YYYY-MM-DD HH:MM:SS」で固定
  • トラックが設定秒数未満の場合は、トラックの再生が終了したときに再生情報を更新する
  • シークバーで曲の再生位置を変更しても再生秒数は減らない(例:60秒で更新する設定のとき、シークバーで曲の先頭に戻る操作をして何度も同じ箇所を聴いていても、合計60秒間聞けば再生情報を更新する)
  • 再生情報更新条件、タグ名等の設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。

前バージョンからお使いの方は上書きしてください。

設定

  1. foobar2000を起動
  2. foo_playback_custom.dll のロードを確認
    Preferences → Components で "Playback Statistics Custom" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK
    バージョン確認画面
  3. 設定
    Preferences → Tools → Playback Statistics Custom ページを開く
    以下のような画面が表示される。
    Settings

    【Playback Statistics Update Timing】

    再生情報を更新する条件をグループボックスで選択する。
    デフォルトでは60秒再生すると更新する。
    以下に各設定内容について説明する。

    Disable (Do not update)

    更新しない。
    一時的に無効にしたいときなどにどうぞ。

    Update when a track is started
    トラックの再生を開始した直後に更新する。

    Update when a track is ended

    トラックの再生が終了した直後に更新する。

    Update when playback percentage is

    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に更新する。
    割合はスライドバーで設定してください。
    1~99%が選択可能。
    0%を使いたい    → 「Update when a track is started」を使って下さい
    100%を使いたい → 「Update when a track is ended」を使って下さい

    Update when playback second(s) is

    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に更新する。
    秒数はエディットボックスに入力してください。
    1秒以上が設定可能。
    0秒を使いたい  → 「Update when a track is started」を使って下さい

    【Playback Statistics Settings】

    記録する再生情報に関する設定を行う。
    記録したい再生情報にチェックを入れ、記録するタグ名を設定する。デフォルトでは PLAY_COUNT、FIRST_PLAYED、LAST_PLAYED になっている。

    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみプレイパック情報を更新する。

    Store playback statistics with foo_custominfo database ...
    チェックを入れた場合、タグに書けなかったとき(CUE+WAVやWMA等)は foo_custominfo のデータベースに書き込むようになる。
    チェックを入れる場合は foo_custominfo.dll がインストールされていないとエラーになるので注意。

使ってみる

Title Formattingで %PLAY_COUNT%、%FIRST_PLAYED%、%LAST_PLAYED% フィールド(変更した場合は変更したフィールド名)を表示してトラックを再生、設定条件を満たしたときに情報が更新されればOK。

注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

よくある質問

(Q) タグに書き込むときにアップデート中のダイアログが一瞬表示されるのが嫌なんだけど・・・
(A) 仕様です(普通は出ないと思います)。foobar2000の仕様で、ファイルの書き込みに一定以上の時間がかかるとそのダイアログが表示されます。時間がかかる要因としては、「HDDの性能が悪い」「APEやWavePack等の可逆圧縮コーデックを使用し、なおかつ高圧縮の設定で使っている」等があります。頻出する場合はこれらを解決するか、foo_custom_pcを使って下さい。

免責事項

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

Windows XPのリモートデスクトップを複数ログイン可能にする方法

ここで紹介している方法はWindows XP SP3以降では使えないとの報告がありました。試す方は注意してください。

2009/12/06追記

XP SP3以降、Vista、7についてはこちらの記事が参考になるかもしれません。

 

普通は同時に1ユーザしかログインできないが、複数ユーザが同時にログインできるようにする方法があったので紹介する。

(注) 同一ユーザが同時に複数ログインすることはできないので念のため。

なおOSにパッチを当てるので自己責任で。

  1. 以下のサイトから Terminal Server Patch をダウンロードしてパッチを当てる。
    Terminal Server Patch at sala source
  2. パッチ中にOSがエラーメッセージを表示するが無視する。
  3. Terminal Server Patch が再起動を要求するので再起動する。
  4. ファイル名を指定して実行で「gpedit.msc」を実行する。
  5. ローカルコンピュータポリシー → コンピュータの構成 → 管理用テンプレート → Windowsコンポーネント → ターミナルサービス内の「ターミナルサービスユーザー に対して リモートセッションを1つに制限」を「有効」にする。
  6. 同ターミナルサービス内の「接続数を制限する」を「有効」にし、最大接続数を指定する(最大値でよい)。

以上で完了。

同時に複数リモートデスクトップ接続できることを確認する。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

foo_custom_pc v1.0.2

foo_custom_pc v1.0.2をリリースしました。

更新内容

  1. 設定画面のフォントを変更 (日本語以外の地域で文字がはみ出す問題への対処)。
  2. 再生情報を格納するデフォルトタグ名を、最も一般的であろう
        %PLAY_COUNT%
        %FIRST_PLAYED%
        %LAST_PLAYED%
    に変更(従来ユーザへの影響はありません)。

ダウンロード

foo_custom_pc.dll

その他

使い方等は前バージョンと変わっていないので、詳しい使い方は前バージョンの記事をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

foo_playback_custom v1.0.3

foo_playback_custom v1.0.3をリリースしました。

更新内容

  1. 設定画面のフォントを変更 (日本語以外の地域で文字がはみ出す問題への対処)。
  2. 再生情報を格納するデフォルトタグ名を、最も一般的であろう
        %PLAY_COUNT%
        %FIRST_PLAYED%
        %LAST_PLAYED%
    に変更(従来ユーザへの影響はありません)。

ダウンロード

foo_playback_custom.dll

その他

使い方等は前バージョンと変わっていないので、詳しい使い方は前バージョンの記事をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

スーパーマリオワールド改造ステージ

YouTubeで発見。

スーパーマリオワールドを改造して作った自作ステージを友人にやらせるという動画。

あまりの鬼畜っぷりに思わず吹いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

最近見たDVD「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-」

え?これで終わり??って感じでイマイチやった。

おすすめ度 :

なんかマクロスゼロとかぶる感じがするのは私だけ?

SEED好きなら楽しめると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

久々にテニスをした

1年ぶりくらいかな。

夕方にやったので暑くなくてちょうどよかった。

2007_0701_163921

思った以上には動けてよかったけど、汗の量がハンパなかったような・・・。

久々に会った友人に太ったって言われた。ショック。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »