« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

ショウリョウバッタ、ゲットだぜ!

ショウリョウバッタ

先日近所を散歩したときに発見、確保だぜ。

ショウリョウバッタ

結構ポケモンが集まってきたな。

【参考】
ショウリョウバッタ - Wikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

foo_playback_custom v1.4.2

Release foo_playback_custom v1.4.2.


Change log

  1. Fixed bug that might show error message about play stamp even when the option is unchecked

Download

foo_playback_custom.dll


Manual 

here


Link

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio:

Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_playback_custom v1.4.2

foo_playback_custom v1.4.2 をリリースしました。


更新履歴

  1. PLAY_STAMP機能を使用しない場合にエラーメッセージが出力されることがあるバグを修正した

ダウンロード

foo_playback_custom.dll


マニュアル 

こちら


リンク

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。

Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

びびりがバイオハザードをプレイするとどうなるか

バイオハザードっていうゲーム知ってる?

ゾンビがたくさん登場するホラーアクションゲーム。

びびりな人がこのゲームをプレイするとどうなるかという動画があったので紹介。

あまりのびびりっぷりに思わず笑ってしまった。

でも私も初めてこのゲームを見たときは驚きっぱなしやったけど・・・。

みなさんはやったことありますか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

江の島名物「海苔羊羹」を食べた

海苔羊羹外装 海苔羊羹

海苔の風味が口の中に広がる。

意外と美味しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミンミンゼミ、ゲットだぜ!

ミンミンゼミ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

foobar2000 曲情報を表示しよう

今回はコンソールに曲情報(ファイルパス、曲名、アーティスト)を表示するコンポーネントを作成する。

Console

ポイントは曲情報へのアクセス方法。


1~37行目 

前回と同じ。

曲再生開始のタイミングをフックする。


39行目 

これも前回と同じだが、引数に注目してほしい。

void CPlayback::on_playback_new_track(metadb_handle_ptr track)

metadb_handle_ptr という引数型が与えられている。

これが foobar2000 で曲情報を扱う際に基本となるクラスなので覚えておこう。

このクラスに曲に関する情報が詰め込まれている。

1つの曲に対して metadb_handle_ptr が1つ対応する。

なお、on_playback_new_track() では自動的にこれから再生する曲の metadb_handle_ptrを取得して渡してくれる。


42行目 

console::info(track->get_path());

metadb_handle_ptr から曲のファイルパスを取得しコンソールに表示している。


45,46行目 

file_info_impl info;
track->get_info(info);

metadb_handle_ptr からメタ情報を取得している。


47~54行目 

if (info.meta_exists("TITLE"))
{
    console::info(info.meta_get("TITLE", 0));
}
if (info.meta_exists("ARTIST"))
{
    console::info(info.meta_get("ARTIST", 0));
}

メタ情報に TITLE , ARTIST があれば、それらの値を取得しコンソールに表示している。


曲情報にアクセスできるようになると、出来ることが増えてくると思う。

今回紹介した情報以外にもビットレートやアルバム名等も表示できるようにしてみよう。

今回作成したプロジェクトをダウンロードする

                                                                                              

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

Googleマップがブログに貼り付けられるようになった

Googleマップを簡単にブログに貼り付けられるようになった。


拡大地図を表示

やり方は簡単。

Googleマップで目的の場所を表示し、右上の「このページのリンク」をクリックするとHTMLタグが発行されるので、それをブログに貼り付けるだけ。

こりゃ便利。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

「第3次スーパーロボット大戦α」の評価 (クリア済)

スーパーロボット大戦αシリーズの完結編。

タイトル 第3次スーパーロボット大戦α -終焉の銀河へ-
プラットフォーム プレイステーション2
ジャンル シミュレーション
ストーリー
システム
グラフィック
音楽
操作性
熱中度

登場作品

  • 超獣機神ダンクーガ 
  • 戦国魔神ゴーショーグン 
  • 新世紀エヴァンゲリオン 
  • 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 
  • 伝説巨神イデオン 
  • 勇者王ガオガイガー 
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 
  • 電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム 
  • 電脳戦機バーチャロン マーズ 
  • 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 
  • 機動戦士Ζガンダム 
  • 機動戦士ガンダムΖΖ 
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 
  • 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 
  • 機動戦士ガンダムSEED 
  • 無敵鋼人ダイターン3 
  • マジンガーZ 
  • グレートマジンガー 
  • ゲッターロボ 
  • ゲッターロボG 
  • 真ゲッターロボ(原作漫画版) 
  • 鋼鉄ジーグ 
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV 
  • 超電磁マシーンボルテスV 
  • 闘将ダイモス 
  • 大空魔竜ガイキング 
  • 勇者ライディーン 
  • トップをねらえ! 
  • 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 
  • マクロスプラス 
  • マクロス7 
  • バンプレストオリジナル

内容 

多数の登場作品を集結させたため、ストーリーがまとまりないものになっていると感じた。特にスーパーロボット大戦αで強大な敵として描かれていたバルマー帝国がショボくなってしまったのは残念。

ただ、戦闘グラフィックはさすがの一言。


音楽

曲のアレンジが良い。

本作でマクロス7を知り、Fire Bomberにハマってしまった。


良い点

  • 戦闘シーンが圧巻
  • 周回引き継ぎ要素があり、クリア後も2周、3周と遊べる

悪い点

  • 小隊システムが面倒くさい
  • 全体攻撃を持っていないユニットが使いにくい
  • 戦闘シーンが長い (早送り、スキップができるのは良)
  • 歌システムが微妙

攻略サイト

第3次スーパーロボット大戦α 攻略&裏技

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

タグふれんず 休止します

最近使用頻度が減ってきていたので休止することにしました。

タグふれんず

ふれんず登録してくださっているみなさん、申し訳ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

foobar2000 曲再生時にメッセージを表示する

曲が再生される度にコンソールにメッセージを表示するコンポーネントを作成する。

Console

↑コンソール画面は View → Console で表示する。

コンソールへのメッセージの表示はデバッグ時に役立つので必ず覚えよう。

今回のソースコードはこちら。


4行目

DECLARE_COMPONENT_VERSION

コンポーネントのバージョン情報用マクロ。

コンポーネント作成の際には必ず記載する。


16行目~30行目 

再生時にコールされるクラス、CPlaybackの宣言。

play_callback_static から派生させる。

今回は get_flag()、 on_playback_new_track() という2つのメンバ関数をオーバーライドする。


32行目 

static play_callback_static_factory_t<CPlayback> pbsf;

CPlayback クラスのインスタンスを作成する。

これがないと関数がコールされない。


34~37行目 

CPlayback::get_flags() の定義。

この関数で、foobar2000からどのタイミングでコールしてもらいたいかを定義する。

今回は曲の再生開始時にコールしてもらうため、flag_on_playback_new_track を指定した。

再生開始時以外にも、停止時や毎秒コールさせることも可能。

詳細はSDKの play_callback.h を参照。

enum {
    flag_on_playback_starting            = 1 << 0,
    flag_on_playback_new_track            = 1 << 1,
    flag_on_playback_stop                = 1 << 2,
    flag_on_playback_seek                = 1 << 3,
    flag_on_playback_pause                = 1 << 4,
    flag_on_playback_edited                = 1 << 5,
    flag_on_playback_dynamic_info        = 1 << 6,
    flag_on_playback_dynamic_info_track    = 1 << 7,
    flag_on_playback_time                = 1 << 8,
    flag_on_volume_change                = 1 << 9, 

    flag_on_playback_all = flag_on_playback_starting | flag_on_playback_new_track |
        flag_on_playback_stop | flag_on_playback_seek |
        flag_on_playback_pause | flag_on_playback_edited |
        flag_on_playback_dynamic_info | flag_on_playback_dynamic_info_track | flag_on_playback_time,
};

これらの値を or で組み合わせる。


39~42行目 

CPlayback::get_flags() で flag_on_playback_new_track を設定したため、foobar2000から曲の再生開始時に CPlayback::on_playback_new_track() がコールされるようになる。

console::info("on_playback_new_track()");

console::info() でコンソールに文字列を表示している。


無事動作しただろうか?

曲の再生開始時以外のタイミングでも文字列を表示してみよう。

今回作成したプロジェクトをダウンロードする


                                                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

foobar2000 ビルドしたコンポーネントを自動的にコピーしよう

ビルド後毎回手動でコンポーネントを foobar2000\components にコピーするのは面倒。

今回は自動的にコンポーネントをコピーする方法を紹介する。

プロジェクトのプロパティ

↑プロジェクトのプロパティを開き、すべての構成を選択する。

構成プロパティ → ビルド イベント → ビルド後のイベント

を選択し、コマンドラインの項目に

copy "$(TargetPath)" "C:\Program Files\foobar2000\components\"

と入力する。

これでビルド後自動的にコンポーネントがコピーされるようになる。

(注) Windows Vistaの場合、コピー先のフォルダに書き込み権限がないとエラーになるので注意。


                                                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foobar2000 デバッグビルドとリリースビルド

デバッグは無事終了しただろうか?

デバッグが終了し、いざコンポーネントを配布するときはデバッグビルドではなくリリースビルドしよう。

デバッグビルドで作成したコンポーネントはデバッグ用のコードが埋め込まれているため、コンポーネントのサイズが大きい。リリースビルドすることによって配布用にコードを最適化することができる。

やり方は簡単。

ソリューション構成を「Release」にしてビルドするだけ↓

ソリューション構成

これで「Project\foobar2000\foo_test01\release」にリリースビルドされたコンポーネント(DLLファイル)が作成されるので、それを配布する。


                                                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS」の評価 (クリア済)

スーパーロボット大戦と言っても、マジンガーZやガンダムは登場しない。

「ORIGINAL GENERATIONS」はバンプレストオリジナルのロボットによるスーパーロボット大戦。

つまり、パンブレストが今まで発売したスーパーロボット大戦等から、バンプレストオリジナルのロボットやキャラクターがクロスオーバーするという、バンプレスト作品限定のスーパーロボット大戦なのである。

有名どころでは魔装機神サイバスターやSRXなどが登場する。

 

タイトル スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
プラットフォーム プレイステーション2
ジャンル シミュレーション
ストーリー
システム
グラフィック
音楽
操作性
熱中度

内容 

一種のキャラゲー。

ロボット大戦シリーズ好きな人にはたまらないかも。

戦闘グラフィックは圧巻の一言。動く動く。

最近のスーパーロボット大戦では珍しく、難易度が比較的高い。

といっても敵が堅いだけなのだが。

新しく導入された合流システムは、使っても使わなくてもクリアできるという良いバランスに仕上がっていると思う。


音楽

とにかく格好良い曲が多い。

  • 鋼鉄の孤狼 
  • TIME DIVER 
  • ASH TO ASH 
  • 極めて近く、限りなく遠い世界に 
  • 流星、夜を切り裂いて 
  • DARK KNIGHT 
  • Trombe! 
  • Time To Come 
  • VIOLENT BATTLE

等、挙げればきりがないくらい。

サントラ購入予定。


良い点 

  • 戦闘シーンが圧巻 
  • 合流システムのバランスが良い (小隊システム編成の面倒くささがない) 
  • 戦闘シーンの高速化やスキップ機能がありテンポよく遊べる 
  • 周回引き継ぎ要素があり、クリア後も2周、3周と遊べる

悪い点 

  • 敵の強さ=HPの多さになっている
  • ボスが極端に堅すぎる
  • ストーリー分岐が少ない

攻略サイト 

スーパーロボット大戦OGs攻略まとめwiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

カロリーメイト ポテト味を食べた

カロリーメイトに「ポテト味」が新登場、早速食べてみたよ。

カロリーメイト ポテト味

マッシュポテトのような味。

タマネギやコショウの味が効いていてなかなか美味だった。

カロリーメイトの味って結構好みが分かれる人が多いけど、私はどれも好き。

今回新登場のポテト味も含めて、気分によって食べる味を変える。

みなさんは好き嫌いはありますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

foo_playback_custom v1.4.1

I released foo_playback_custom v1.4.1.


Change log

  1. Add "PLAY_STAMP" function 
  2. Fix message in preferences page and about box

The PLAY_STAMP function stores timestamps for every time a file is played.
The relations with %FIRST_PLAYED% and %LAST_PLAYED% are as follows.

$meta(PLAY_STAMP,0) = %FIRST_PLAYED%
$meta(PLAY_STAMP,$sub($meta_num(PLAY_STAMP),1)) = %LAST_PLAYED%

If you use foo_custominfo mode, then as follows

$cinfo(PLAY_STAMP,0) = %FIRST_PLAYED%
$cinfo(PLAY_STAMP,$sub($cinfo_num(PLAY_STAMP),1)) = %LAST_PLAYED%

 


Download

foo_playback_custom.dll


Introduction

This component stores playback statistics (play count, played date) in a tag or foo_custominfo database.

If the component is unable to write a tag, you can have it write the information into the custom_info database (this requires you to have foo_custominfo installed).


Features

  • Writes playback statistics (play_count, first_played, last_played, play_stamp) in tags or foo_custominfo database
  • Allows you to select which information to be written
  • Allows you to select the tags where the information is to be stored
  • Allows you to select when the information is updated (when the song starts playing, when it has finished etc)
  • Writes statistics to custominfo database if tag could not be written (e.g. when dealing with cue + wav, wma)
  • Allows you to convert the official playback statistics tag (including timestamp) to an another
  • Allows you to convert tag to custominfo database and vice versa
  • High performance more than foo_playcount_mod

Defaults

All of the following can be changed:

  • Default tag name for play count: %play_counter% 
  • Default tag name for first played: %first_played% 
  • Default tag name for last played: %last_played%
  • Default tag name for play stamp: %play_stamp%
  • Format of play date is: YYYY-MM-DD HH:MM:SS 
  • Update playback statistics: when song has been played for 60 seconds

Installation

  1. Copy dll file to "foobar2000\components" directory 
  2. Run foobar2000

Settings

  1. Run foobar2000 
  2. Check to see that foo_playback_custom is installed by going to Preferences -> Components.
    Also, check to see if you are using the latest version.

    Version

  3. Go to Preferences -> Tools -> Playback Statistics Custom

    Settings

    Playback Statistics Update Timing 

    This option allow you to change when the plugin updates information:

    Disable (Do not update)

    (self explanatory)

    Update when a track is started
    (self explanatory)

    Update when a track is ended

    (self explanatory)

    Update when playback percentage is

    You can select a value between 1% and 99%.

    Update when playback second(s) is

    You can set any value greater than 1 second.

    Playback Statistics Settings

    Use the checkboxes to select which tags you want to write.
    If you want to use a different tag to store the information (e.g. Play_Count instead of Play_counter), type in the box.

    Use the combo box to select which database you want to write.

    only tags

    Write only file tags.

    only foo_custominfo database
    Write only foo_custominfo database.
    This requires you to have foo_custominfo installed.

    tags and foo_custominfo database (if writing tag fails)
    If this component is unable to write a tag, you can have it write the information into the foo_custom_info database.
    This requires you to have foo_custominfo installed.

    You want to convert old tags, check "Convert old tag and Remove" and type source old tag name in the box.
    (note) If the old tags has converted new tags, old tags has removed.

    Other Settings
    Only tracks in the media library update playback statistics

    If selected, no information will be written to songs that are not in the media library.


FAQ

(Q) I get a popup window when playback statistics is being updated. Is this normal?
(A) Normally, the window shouldn't appear while using the component. it only appears when I/O processing time while writing the tag is long. The track might also stop playing.

Cause:
* While playing losssless files (e.g. Flac, APE, Wavpack, TAK) which are highly compressed, IO processing time can be long.
* Another component is trying to update the file information at the same time.
* Your Hard drive is slow/ fragmented

Solution:
* Use a lower compressed lossless file
* Try changing the update time setting. (Usually components like foosic and audioscrobbler update at around 1 min.)
* Defrag your hard drive


Disclaimer

You are using the component at your own risk. The developer is not responsible for any damages.


Links

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio:
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_playback_custom v1.4.1

foo_playback_custom v1.4.1をリリースしました。


更新内容

  1. プレイスタンプ機能の追加
  2. 誤字脱字の修正

プレイスタンプ機能とは、再生した時刻全てをPLAY_STAMPフィールドに記録する機能。

%FIRST_PLAYED%、%LAST_PLAYED% との関係は以下のとおり。

$meta(PLAY_STAMP,0) = %FIRST_PLAYED%
$meta(PLAY_STAMP,$sub($meta_num(PLAY_STAMP),1)) = %LAST_PLAYED%

foo_custominfoデータベースの場合は次のようになる。

$cinfo(PLAY_STAMP,0) = %FIRST_PLAYED%
$cinfo(PLAY_STAMP,$sub($cinfo_num(PLAY_STAMP),1)) = %LAST_PLAYED%

私の環境では$cinfo_num()が正しく動作しなかったので、foo_custominfoでの動作は未確認。


ダウンロード

foo_playback_custom.dll


これ何?

再生回数や再生した時刻を記録するコンポーネント。

データの記録先としてタグまたは foo_custominfo のデータベースを選択可能。

foo_playcount_mod で音飛びや動作の遅さが気になっている人は試してみてください。foo_playcount_mod よりは負荷が低いと思います。

  • タグまたは foo_custominfo のデータベースに再生情報(再生回数、再生した時刻)を記録する 
  • 記録する再生情報は選択可能(再生回数は記録しないといったことが可能) 
  • タグに書けない場合(CUE+WAVやWMA等)は foo_custominfo のデータベースに書き込むように設定することも可能 
  • 旧タグから新タグへの変換が可能(公式Playback Statisticsタグからの変換も可能) 
  • 再生情報を更新するタイミングを自由に設定可能 
  • 再生情報を更新するタグ名を自由に設定可能 
  • foo_playcount_mod よりは動作は軽い・・・はず

仕様

  • 再生情報の記録先としてタグ、foo_custominfoのデータベース、タグ+foo_custominfoのデータベースの3パターンから選択可能 
  • 再生回数のデフォルトタグは %PLAY_COUNTER% (変更可能) 
  • 最初に再生した時刻のデフォルトタグは %FIRST_PLAYED% (変更可能) 
  • 最後に再生した時刻のデフォルトタグは %LAST_PLAYED% (変更可能) 
  • 再生した時刻のデフォルトタグは %PLAY_STAMP% (変更可能) 
  • 再生情報更新条件を満たすと選択した再生情報を更新する 
  • 最初に再生した時刻、最後に再生した時刻のフォーマットは「YYYY-MM-DD HH:MM:SS」で固定 
  • トラックが設定秒数未満の場合は、トラックの再生が終了したときに再生情報を更新する 
  • シークバーで曲の再生位置を変更しても再生秒数は減らない(例:60秒で更新する設定のとき、シークバーで曲の先頭に戻る操作をして何度も同じ箇所を聴いていても、合計60秒間聞けば再生情報を更新する) 
  • 再生情報更新条件、タグ名等の設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。

前バージョンからお使いの方は上書きしてください。


設定

  1. foobar2000を起動 
  2. foo_playback_custom.dll のロードを確認
    Preferences → Components で "Playback Statistics Custom" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK

    バージョン確認画面
  3. 設定
    Preferences → Tools → Playback Statistics Custom ページを開く
    以下のような画面が表示される。

    設定

    【Playback Statistics Update Timing】 

    再生情報を更新する条件をグループボックスで選択する。
    デフォルトでは60秒再生すると更新する。
    以下に各設定内容について説明する。

    Disable (Do not update)

    更新しない。
    一時的に無効にしたいときなどにどうぞ。

    Update when a track is started
    トラックの再生を開始した直後に更新する。

    Update when a track is ended

    トラックの再生が終了した直後に更新する。

    Update when playback percentage is

    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に更新する。
    割合はスライドバーで設定してください。
    1~99%が選択可能。
    0%を使いたい    → 「Update when a track is started」を使って下さい
    100%を使いたい → 「Update when a track is ended」を使って下さい

    Update when playback second(s) is

    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に更新する。
    秒数はエディットボックスに入力してください。
    1秒以上が設定可能。
    0秒を使いたい  → 「Update when a track is started」を使って下さい

    【Playback Statistics Settings】

    記録する再生情報に関する設定を行う。
    記録したい再生情報にチェックを入れ、記録するタグ名を設定する。デフォルトでは PLAY_COUNTER、FIRST_PLAYED、LAST_PLAYED、PLAY_STAMP になっている。
    また、Databaseコンボボックスで再生情報の記録先を選択する。以下に選択可能な記録先を示す。

    only tags

    タグに再生情報を記録する。

    only foo_custominfo database
    foo_custominfoのデータベースに再生情報を記録する。ファイルタグは一切書き換えない。要foo_custominfo.dll。

    tags and foo_custominfo database (if writing tag fails)
    タグに再生情報を記録するが、タグに書けないような場合(CUE+WAVやWMA等)はfoo_custominfoのデータベースに書き込む。要foo_custominfo.dll。

    旧タグからの変換を行いたい場合は各タグの「Convert old tag and Remove」にチェックを入れ、旧タグ名を入力する。
    (注) 変換すると旧タグは削除されますので注意して下さい!

    【Other Settings】
    Only tracks in the media library update playback statistics

    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみプレイパック情報を更新する。


使ってみる

Title Formattingで %PLAY_COUNTER%、%FIRST_PLAYED%、%LAST_PLAYED%、%PLAY_STAMP% フィールド(変更した場合は変更したフィールド名)を表示してトラックを再生、設定条件を満たしたときに情報が更新されればOK。


注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い 
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

よくある質問

(Q) タグに書き込むときにアップデート中のダイアログが一瞬表示されるのが嫌なんだけど・・・
(A) 仕様です(普通は出ないと思います)。foobar2000の仕様で、ファイルの書き込みに一定以上の時間がかかるとそのダイアログが表示されます。時間がかかる要因としては、「HDDの性能が悪い」「APEやWavePack等の可逆圧縮コーデックを使用し、なおかつ高圧縮の設定で使っている」等があります。頻出する場合はこれらを解決するか、記録先としてfoo_custominfoのデータベースを選択するようにしてください。


免責事項

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。 
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。 
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

ギックリ腰、その後

ギックリ腰になって1週間、無事歩けるところまで回復した。

一時はどうなることかと思ったけど、治るもんやねんな~。

ヘルニアが再発したわけではなかったようで一安心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

ザウルスで高品質な動画を見る

ザウルス(SL-C3200)標準の Movie Player で見れる動画は品質が悪い。

そこで、いくつかのフリーソフトを使うことによってザウルスで高品質な動画を見る方法を紹介する。

動画コーデック DivX (320x240、29.97fps、768kbps)
音声コーデック LAME mp3 (44.1kHz 128kbps cbr stereo)
エンコーダ Dr. DivX
ザウルスの動画プレーヤ mplayer, ZPlayer
動画保存先 SDカード or CF
HDDに保存するとアクセス時にコマ落ちしてしまう

当たり前だが変換元のファイルがある程度高品質でないと意味がない。

また、エンコーダである Dr. DivX はバッチエンコード機能を搭載しているため、夜中に複数の動画をまとめてエンコードすることも可能。

出来上がる動画のファイルサイズは内容にもよるが、30分で150MB~200MBくらい。

ザウルス上でフルスクリーン鑑賞することが可能。

なお、スペシャルカーネルでないと多少表示がもたつくかもしれないので注意。


動画コーデックのインストール

以下のサイトからDivXをダウンロードしてインストールする。

DivX for Windows のダウンロード


音声コーデックのインストール

  1. 以下のサイトから「LAME 3.97 Release ACM codec」をダウンロードし解凍する
    LAME DirectShow and ACM Codecs - RareWares 
  2. 「LameACM.inf」を右クリック→インストールを選択

インストールを選択しても何も表示されないが、正常にインストールされている。


エンコーダのインストール

以下のサイトから「Dr.DivX OSS 2.0.0 (3rd August 2006)」をダウンロードしてインストールする。

Dr. Downloads | DivX Labs

最新版OSS 2.0.1 Beta 4が公開されているが、私の環境では正常に動作しなかったため、旧バージョン(OSS 2.0.0)を使用している。


エンコーダの設定

ザウルス向けのDr. DivXの設定を行う。

適当な動画ファイルを開き、以下の通りの設定を行う。

動画プリセット

↑スライドバーで、コーデックパフォーマンスが「とても良い品質」になるようにする。

プリプロセッシング

↑画像幅を320に変更するのがポイント。これでフルスクリーン再生できる動画が作成される。

コーデック

↑ビットレートを上げれば上げるほど画質が良くなる。ただし、その分ファイルサイズが大きくなり再生時のザウルスへの負荷が上がる。

私は768kbpsくらいがバランスがよいと感じた。

コマ落ちしない程度に自分の好みの設定を見つけるのが良いと思う。

音声

↑ここまで設定したら、エンコード設定保存ボタンを押し「Zaurus」と名前をつけて保存しておこう。全角文字はバグるので必ず半角文字で名前を付けること。

一般

↑私の環境ではカスタムロケーション、テンポラリフォルダが長い名称だとエンコード中に異常終了してしまう問題が発生したため、短いパス名に変更している。同様の問題が起きた場合、これらのフォルダを短い名称に変更して試してみよう。

音声-動画オプション

閲覧フォルダ

ついて

ここまで設定した後一度Dr. DivXを終了して設定を保存する。

再起動後、エンコードしたい動画ファイルを開きエンコードボタンを押してエンコードしてみよう。

成功すれば、カスタムロケーションにDivXファイルが出力されている。


ザウルスの動画プレーヤの設定

以下のサイトからmplayer、mplayer-bvddの2つのパッケージをインストールする。

MPlayer - atty.skr.jp

なお、ザウルスでスペシャルカーネルを使用しているかどうかによってインストールする mplayer-bvdd のパッケージが異なるので注意。詳しくはサイトの説明を参照。

次にGUIであるZPlayerを以下のサイトからダウンロードしてインストールする。

ZplayerDownload - ZPlayer - Trac

zplayer_0.1.1_arm.ipk というパッケージ。

インストール後、ZPlayerを起動し、以下の通り設定する。

全般の設定

MPlayerの設定

以上で設定は完了。

DivXファイルをSDカード or CFに入れてZPlayerで再生してみよう。

フルスクリーンで高品質な動画が楽しめると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foobar2000 C++言語を覚えよう

foobar2000のコンポーネントを作成するためにはC++言語の知識が必要になる。

C++言語の知識がない場合、学習本を購入して基礎知識をつけるところから始めることをお勧めする。そうしないとコンポーネント作成の途中で必ず挫折する。

何か本を一冊買って勉強しよう。C++言語の本なら書店に行けばたくさん置いてあると思う。

入門書として私がお勧めしているのは以下の本

各項ごとに演習問題がついているため、実際にコードを書きながら体で覚えることができる。私も学生のときにこの本でC++言語を覚えた。

参考書形式の本はずっと読んでいるだけでは眠くなるし、続かない。その点、この本は眠くならないようによく考えられている。

演習問題をサボらず解いていけばそれなりに時間がかかるが(早くて1週間~1ヶ月は必要)、ちゃんと力がつく。

なお、コンポーネント作成には Visual Studio を使うため、本書での学習にも Visual Studio を使って慣れておくとよい。

Visual Studio については次項の開発環境を用意するを参考にしてほしい。


                                                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

ココログのブログをメイリオに対応させよう

メイリオはWindows Vistaで搭載された見た目が美しく読みやすいフォント。

メイリオについて詳しくはこちら

メイリオでの表示例↓

メイリオでの表示例

読みやすいフォントのため、Windows XPにインストールして使っている人も多いと思う。

しかし、残念ながらココログのテンプレートはMSゴシックで表示するようになっているため、メイリオの恩恵を受けられない。

そこで、テンプレートを変更してメイリオで表示する方法を紹介する。

(注) 今回紹介する方法を使ってもIE6では日本語がメイリオで表示されない。これはIE6のバグなのでどうしようもない。別のブラウザ(IE7ならOK)を使うかWindows Vistaを使おう。

さて、メイリオで表示する手順は以下のとおり。

  1. テンプレートのCSSからフォント設定部分を取り出す
  2. 取り出したフォント設定部分にメイリオを追加し、新しいCSSとして保存
  3. 保存したCSSをブログにアップロードし、サブタイトル欄に取り込む

かなり強引な手段だが、ココログのテンプレートを使いながらメイリオに対応させるにはこの方法しか思いつかなかった。

将来的にはココログがメイリオに対応してくれることを祈るしかない。


   

手順1 テンプレートのCSSからフォント設定部分を取り出す

  1. ブログのトップページのソースを表示し、読み込んでいるCSSをローカルに保存する
    (<link rel="stylesheet" ~> となっている部分のリンク先ファイルを全て保存)
  2. ブログのルートディレクトリにある「styles.css」というファイルをローカルに保存する
  3. 1,2で保存したCSSファイルをエディタで開く(複数個あると思う)
  4. "font-family"で検索し、ヒットした行と、その行を含むブロックのみからなる新しいファイルを作成する

3,4が分かりにくければ手順2のサンプルを参考にしてほしい。


   

手順2 取り出したフォント設定部分にメイリオを追加し、新しいCSSとして保存

  1. "font-family"の行の最初に「'メイリオ', 'Meiryo',」を追加、行の最後に
    「!important」を追加する 
  2. 編集したファイルを「mystyles.css」という名前で保存する(名前は何でも良い)

ちょっとわかりにくいかもしれないが、以下のようなファイルができていればよい。

なお、「直接styles.cssを書き換えればいいじゃん」と思われるかもしれないが、記事を投稿したりデザインを変更したりした場合に元のstyles.cssで上書きされてしまうため、このような強引な方法を使っている。


   

手順3 保存したCSSをブログにアップロードし、サブタイトル欄に取り込む

  1. 保存した「mystyles.css」をブログにアップロードする
  2. ブログのサブタイトルに以下のタグを埋め込む

    <link rel="stylesheet" href="アップロードしたディレクトリ/mystyles.css" type="text/css" />

    "アップロードしたディレクトリ"は自分のサイトに合わせて書き換える

以上で完了。

ブログを再構築後、メイリオで表示されているか確認しよう。

(当然だがメイリオをインストールしていないとゴシックで表示されるので念のため)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

「すきま時間を有効活用」ザウルスを1年使ってみた感想

SHARP パーソナルモバイルツール Zaurus SL-C3200

私が購入したのは2006年の4月。

1年使ってみた感想等をまとめておく。

そもそもなぜザウルスを購入しようと思ったのかというと

  • 通勤時間が暇だ 
  • 寝る前のちょっとした時間を有効活用したい

というのが主な要因。

元々せっかちな性格なので、時間を無駄にしたくないという気持ちが強い。

お風呂でただボーッと湯船につかっているのも嫌で、歯磨きをしたり音楽を聴いたりするようにしている。

ここまで極端ではないにしろ、通勤時間を暇に思っている人は結構いると思う。


1年使ってみた感想 

買ってよかったと思っている。

ネットやメールはもちろん、ゲーム、動画鑑賞、2ちゃんねる閲覧なんかも気軽にできる。 

設定次第では片手でスイスイ操作できるので通勤ラッシュの中でも文庫本を読むような感じで使えるのがよい。 

特に良かったと思うのはノートパソコンのような折りたたみ式であること。 

ディスプレイの角度を自由に調節できるため、手で支えなくても置いたまま動画を見たりすることができる。 

最近はやりのスマートフォンは折りたたみ式ではなくスライド式のものが多いので、両手を使わずに動画を見るといったことができない。 

これは買った後に気付いた良かった点。


どんなことに使っている? 

  • 通勤時の動画鑑賞 
  • 寝る前布団の中でネットサーフィン、2ちゃんねる閲覧

これがほとんど。毎日使っている。

あと、頻度は高くないが

  • SDカードが使えるので、旅行時のフォトストレージとして 
  • FTPサーバ等のサーバ用途として 
  • 携帯ゲーム機として

こんな使い方もする。

フォトストレージ機能は新婚旅行等で大活躍した。


Q&A 

Q. 電池はどれくらい持つ?
A. フル稼働で3~4時間くらい

Q. ブラウザは何が使える?
A. デフォルトでNetFrontがインストールされている。追加でOperaやw3mをインストールして使うことも可能。ただし、いずれもFlashは使えないので注意。

Q. Word、Excelの文書は扱える?
A. おまけ程度だが扱える。ただし、図が表示できなかったり、グラフが使えなかったりとかなり機能が限定される。あくまでおまけ。

Q. PDFは見れる?
A. ソフトウェアを追加すれば見れる。

Q. エミュレータは?
A. ある。ゲームボーイ、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイアドバンス等、実機並の速度で動作する。

Q. 無線LANは付いている?
A. 付いていない。追加でCFタイプの無線LANカードを購入すれば使える。

Q. WANは?
A. CFタイプのネットワークカードが使える。bitWarp PDAという月額\2,100で使い放題のプランがおすすめ。

Q. USB機器は使える?
A. 未サポートだがUSBホスト機能があるのでUSBマウスやフラッシュメモリも使える。

他に質問等あればコメントください。


おすすめ 

何といっても無駄な時間が有効な時間に変わる。

通勤時間、待ち時間、寝る前のちょっとした時間、使い方次第で有意義な時間にすることができる。

また、OSがLinuxなのでコアな使い方も可能。 

コンピュータ好きで時間を有効に使いたい方、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画関連の記事

概要、感想、おすすめ度等を書いています。


サスペンス

アイデンティティー

オリエント急行殺人事件

ダ・ヴィンチ・コード

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ワイルドシングス

トリック 劇場版2


ラブコメディ

Mr.&Mrs.スミス


ヒューマンドラマ

マッチスティック・メン


アクション

セルラー 


シリアス

ユナイテッド93


アニメ

スティッチ!ザ・ムービー

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすすめソフトウェア

おすすめのソフトウェアを紹介しています。


ファイル管理ソフト(ファイラー)

あふ


ランチャ

nrLaunch


ブラウザ

Firefox


メールソフト

Becky!


CD取り込み

EAC

音楽CDをWAVEとして取り込むには最低限以下の設定をしておけばよい。


オーディオプレイヤー

foobar2000


メディアプレイヤー

Media Player Classic


サウンド編集ソフト

SoundEngine


ピコピコ音シーケンサ

Retro Music Editor


マウスツール

チューチューマウス


地図

Google Earth


その他

聴力テスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

ギックリ腰になった

ギックリ腰になったというのは~、どこのどいつだい?

あたしだよっ!

この世のものとは思えない痛み。

おそらく筋トレで負荷をかけ過ぎたのが原因のよう。

元々ヘルニア持ちだったので再発したかと思ったけど、お医者さん曰く「おそらくギックリ腰ですね」。

1週間絶対安静にして、それでも治らないようならMRIで調べるって。

腰は「体の要」ってのはほんまやってんな~。痛くてなんもできん。

今もパソコンにしがみついて書いてる < 安静にしとけよ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生き物関連の記事

可愛い生き物たちがたくさん!

癒されてください。


オーストラリア

愛らしさは世界一!コアラの餌付け

ずる賢い?ハミルトン島の野鳥コッカトゥ

コッカトゥと朝食

コッカトゥ?カラス?

ウォンバット、ヒクイドリ、ヘビ、カエル、トカゲ、ワニとか

野鳥ロリキートと朝食

高速で走る謎の鳥

ウミガメ

カラフルな野鳥たちの餌付け

ワラビーとか

白鳥


北海道

知床のエゾシカ

知床のキタキツネ


千葉

マザー牧場


東京

有馬記念、ディープインパクト圧勝の瞬間


神奈川

由比ヶ浜、海の家のトンビ

ミンミンゼミ

ショウリョウバッタ

八景島シーパラダイス

金沢動物園

インナー・シティ・ズー ノア


大阪

海遊館

ぼくのなつやすみ ~昆虫探索編~

実家にカナリアがやってきた

実家に柴犬がやってきた

箕面のサル


熊本

阿蘇のアゲハ蝶

階段を下りる馬


長崎

雲仙地獄のネコ

白鳥の餌付け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザウルス(SL-C3200)関連の記事

ザウルス紹介

「すきま時間を有効活用」 ザウルスを1年使ってみた感想


カーネル関連

スペシャルカーネルを導入する

クロックアップする


サーバー関連

ftpサーバーを構築する

telnetサーバーを構築する

ルータ化する


日本語入力

QPOBox

Anthy 


動画

高品質な動画を見る

YouTube、ニコニコ動画を見る


USB機器

USBマウス&ハブを使う

USBキーボードを使う

USB LANを使う


ソフトウェア

Opera7.55のインストール方法 

リモートデスクトップクライアントとして使う


バックアップ/リストア

工場出荷時の状態に戻す方法

NANDバックアップの取得


その他

時刻を自動同期する

スクリーンショットの撮り方

vimのバックスペースを効くようにする

自動電源オフを無効にする方法


pdaXrom/pdaXii13

pdaXii13をインストールする 

無線LANの設定

パッケージの追加インストール方法 

SDカード等のメディアの取り外し方

SSH接続ができるようにする

SCIM+Anthyで漢字変換ができない 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

foobar2000 バージョン情報を表示するコンポーネントを作ろう

2013/04/12 追記

こちらの記事はVisual Studio 2005向けの古い情報です。

最新のVisual StudioやSDKには対応していませんのでご注意ください。


いよいよ最初のコンポーネントを作成してみる。

最初は単純にバージョン情報を表示するだけのコンポーネントを作ってみよう↓

Componentsページ

Preferences→Componentsのコンポーネント一覧に情報を表示するだけのコンポーネント。

ダブルクリックすると詳細情報を表示する↓

詳細情報

では前回作成したプロジェクト「foo_test01」を Visual Studio で開こう。

ソリューション エクスプローラでfoo_test01プロジェクトのソースファイルフォルダを右クリックし、「追加」→「新しい項目」を選択する。

新しい項目の追加

以下のような「新しい項目の追加」ダイアログボックスが開く。

C++ファイルを追加

赤丸の部分を選択し、ファイル名に「main」 と入力後、追加ボタンを押す。

これでプロジェクトに「main.cpp」という空のソースファイルが追加される↓

空のmain.cpp

あとは「main.cpp」にコードを書く。

今回は次のようなコードを書こう。

行頭の #include はfoobar2000のコンポーネントを作る際に必須なので覚えておこう。

その他のコードの内容についてはコメントを見ればすぐ分かると思うので説明しない。

コードを書いたらビルドメニューからソリューションのリビルドを行う↓

ソリューションのリビルドを行う

成功すると以下のような出力ログが出る↓

ビルドログ

いくつか警告が出るが、最終的に「すべてリビルド: 5 正常終了、 0 失敗」と表示されていれば成功している。

「Project\foobar2000\foo_test01\debug」フォルダを見てみよう。

「foo_test01.dll」というファイルができているはず。

このファイルがまさにfoobar2000のコンポーネントそのもの。

このファイルをお馴染みのfoobar2000をインストールしたフォルダ配下のcomponentsフォルダにコピーしよう。

ファイルをコピーしたら、デバッグメニューからデバッグ開始を選択する↓

デバッグの開始

すると次のようなダイアログボックスが表示される。

foobar2000.exeの指定

「実行可能ファイル名」から「参照」を選び、foobar2000.exeを選択しよう。

選択後OKボタンを押すとfoobar2000が起動するはず。

あとはPreferences→Componentsを見てみよう。無事ロードされているだろうか?

バージョン番号や説明を変えて色々試してみよう。


                                                                                              

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

最近見たDVD「Mr.&Mrs.スミス」

お互いの素性を隠したまま結婚してしまったスミス夫妻を描くラブコメディ&アクションもの。アクション要素が強い。

スミス夫妻は実は凄腕の暗殺者。しかしお互いに暗殺者であることを黙ったまま結婚してしまった。

結婚生活が5年目を迎え、マンネリ化した生活に飽きてきた頃、あるターゲットを巡ってスミス夫妻がはち合わせすることになる。

二人の結婚生活はどうなってしまうのか??

おすすめ度 :

内容は壮大な夫婦喧嘩と言った方がいいかも。

ブラッド・ピット好きなら見て損はないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

foo_playback_custom v1.3.9

I released foo_playback_custom v1.3.9.

Change log

  1. Fixed bug that try to write tag when only foo_custominfo mode and play packed archives like zip/rar
  2. Fixed the function "Convert old tag and Remeve" worked only if the tag is present

Download

foo_playback_custom.dll


Manual

here


Link

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio:

Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (2) | トラックバック (0)

foo_playback_custom v1.3.9

foo_playback_custom v1.3.9をリリースしました。

更新内容

  1. zip等の圧縮されたファイルを再生時にエラーになる問題を修正 (only foo_custominfo モード時)
  2. タグが存在するときのみ "Convert old tag and Remeve" 機能が動作するように修正

ダウンロード

foo_playback_custom.dll


マニュアル

こちら


リンク

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。
Some Playcounter mods - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

ざまざまな生き物たちの画像、動画

ブログを始めてからさまざまな生き物に登場してもらった。

そこで今回は夏休み企画!

今までブログに登場してくれた生き物たちを再度紹介しようと思う。

トップバッターは由比ヶ浜で出会ったトンビ↑

カッコいいよね。

海遊館のエイ↑

宇宙人みたい。

↑知床で出会ったキタキツネ。

つがいでじゃれあってるのが可愛い。

↑同じく知床のエゾシカ。

結構接近したんやけど、悠然としてた。

↑オーストラリア、ハミルトン島にたくさんいたコッカトゥ。

エサがもらえなくてふて寝した瞬間を激写。

↑同じくハミルトン島のコアラ。

その愛らしさに夫婦でメロメロだった。

↑コアラの餌付け。可愛い!

↑ゴールドコーストのホテルにいた白鳥。

ちょっと警戒している。

↑ゴールドコーストにいたクリムゾンロゼーラという野鳥の餌付けの様子。強い!

↑実家にやってきたカナリア。

大きさはスズメくらい。

ざっと紹介したけどどうやったかな?

やっぱり生き物は癒されるよね。

もっと見たい人はカテゴリ「生き物たち」をどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

foobar2000 コンポーネント用のプロジェクトを作成しよう

2013/04/12 追記

こちらの記事はVisual Studio 2005向けの古い情報です。

最新のVisual StudioやSDKには対応していませんのでご注意ください。


コンポーネントプロジェクトの作成手順について記載する。

ここで紹介する手順はコンポーネントを作成する際には必ず実施しなければならない。

まず、SDKのフォルダ構成を確認しよう。

解凍したばかりだと下記のようになっているはず。

フォルダ構成

ここではProjectフォルダにSDKを解凍している。

今後は Project\foobar2000 フォルダにコンポーネント用のフォルダを作って開発を行っていく。

では早速 Visual Studio を起動してコンポーネント用のプロジェクトを作成してみる。

「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」を選択。

新しいプロジェクト

上図と同じように設定してほしい(「場所」は(SDKを解凍したフォルダ)\foobar2000を選択)。

今回のプロジェクト名は「foo_test01」とした。

なおfoobar2000のコンポーネントを作る際、プロジェクト名は「foo_」で始める必要があるので注意する。

OKボタンを押すと次のようなダイアログが表示される。

ようこそ

「次へ」ボタンを押すと、アプリケーションの設定ダイアログが表示される↓

アプリケーションの設定

上図のとおり設定する。

完了ボタンを押すと、プロジェクトが作成される。

ソリューション エクスプローラの内容

サイドバーのソリューション エクスプローラに現在のプロジェクトが上図のように表示されていると思う。

※ソリューション エクスプローラが表示されていなければ、メニュー「表示」→「ソリューション エクスプローラ」で表示する。

既存のプロジェクトの追加

次に、SDK内にあるコンポーネント作成のために必要なプロジェクトを4つ、ソリューションに読み込む。

ソリューション エクスプローラ上でソリューションを右クリックし、「追加」→「既存のプロジェクト」から次の4つのプロジェクトを読み込む(まとめて読み込めないので4回読み込む操作を行う)。

  • pfc\pfc.vcproj
  • foobar2000\SDK\foobar2000_SDK.vcproj
  • foobar2000\foobar2000_component_client\foobar2000_component_client.vcproj
  • foobar2000\helpers\foobar2000_sdk_helpers.vcproj

正常に読み込めると、ソリューション エクスプローラは下図のようになる。

ソリューション エクスプローラの内容

次に、各プロジェクトの優先順位を設定する。

ソリューション エクスプローラでソリューションを右クリックし、「プロジェクトの依存関係」をクリックする↓

プロジェクトの依存関係

各プロジェクトの依存関係は次の通り。

プロジェクト 依存先
foo_test01 全てのプロジェクト
foobar2000_component_client foobar2000_sdk_helpers
foobar2000_sdk_helpers foobar2000_SDK
foobar2000_SDK pfc

最終的にビルドの順序が「pfc」→「foobar2000_SDK」→「foobar2000_sdk_helpers」→「foobar2000_component_client」→「foo_test01」となればよい↓

ビルドの順序

次に、新規作成したプロジェクト(ここではfoo_test01)を右クリックし、プロパティを表示する↓

プロジェクトのプロパティ

プロパティページでは、まず左上のリストボックス「構成」で「すべての構成」を選択する。

そして、「構成プロパティ」→「リンカ」→「全般」ページの「追加のライブラリ ディレクトリ」に「..\shared」と入力する↓

追加のライブラリ ディレクトリの設定

次に、 「構成プロパティ」→「リンカ」→「入力」ページの「追加の依存ファイル」に「shared.lib」と入力する↓

追加の依存ファイルの設定

次に、「構成」リストボックスから「Debug」を選択し、「構成プロパティ」→「リンカ」→「入力」ページの「特定のライブラリの無視」に「LIBCMTD」と入力する↓

Debugのプロパティ

同様に、「構成」リストボックスから「Release」を選択し、「構成プロパティ」→「リンカ」→「入力」ページの「特定のライブラリの無視」に「LIBCMT」と入力する↓

Releaseのプロパティ

以上でコンポーネントを作成する準備は整った。

次回はいよいよコンポーネントを作成してみる。


                                                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »