« 野菜はお湯で洗ってはいけないのか? | トップページ | 自分のビジネスマナーをチェックしよう »

2008年2月26日 (火)

「SDガンダム ジージェネレーション スピリッツ」の評価 (クリア済)

宇宙世紀作品にのみ焦点を絞ったジージェネレーション。 

据え置き機ではジージェネレーションF以来初となる作品別シナリオを採用。 

タイトル SDガンダム ジージェネレーション スピリッツ
プラットフォーム プレイステーション2
ジャンル シミュレーション
ストーリー
システム
グラフィック
音楽
操作性
熱中度
総合

内容

久しぶりにやったジージェネレーションシリーズ。

作品別シナリオなので、好きな作品からプレイできるのは良い。

従来の作品と比べて大きく変わったのはマップ上のユニットの大きさ。実際のユニットの大きさがマップ上でも再現され、戦艦が戦略上重要になった。しかし、大きいユニットはデメリットが多いだけでほとんど使えないのは残念。

プロモーションビデオを見る限り格好良かったカットインも、実際には見る機会がほとんどなかった(支援攻撃をしたとき限定で、しかもさらに細かな条件を満たさないとカットインが出ない)。

なかなか遊べたけれど、細かいところで粗が目立つ残念な仕上がりだった。


良い点

  • ロードが早い 
  • フルボイス

悪い点

  • クリティカルやオーバーキル等どうでもいいところが評価されるハロスコア
  • 原作再現が評価されないため、原作を再現するメリットがない(せめてハロスコアにボーナスとかしてくれてもいいのに)
  • 理不尽な位置への敵増援が多い
  • 大型ユニットを使うメリットがない。出撃枠をたくさん取るだけ損
  • カットインが支援攻撃のときのものしかない。支援攻撃するメリットがあまりないため、カットインを見る機会が少ない
  • オリジナルキャラのカットインがない
  • オリジナルキャラの入隊資金が高過ぎる
  • 手に入る資金が少な過ぎる
  • 一部のキャラの作画が乱れている
  • ストーリーがとびとびで、原作を知らない人は理解できない作品が多い
  • 音楽のアレンジが酷い。かっこいい曲が多数あるのにもったいない。いかにも打ち込みっぽい曲が多いのも残念

|

« 野菜はお湯で洗ってはいけないのか? | トップページ | 自分のビジネスマナーをチェックしよう »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「SDガンダム ジージェネレーション スピリッツ」の評価 (クリア済):

« 野菜はお湯で洗ってはいけないのか? | トップページ | 自分のビジネスマナーをチェックしよう »