« 畑で収穫 | トップページ | 豆三昧 »

2009年5月 9日 (土)

foo_twitter_post v1.5.1

foo_twitter_post v1.5.1をリリースしました。


更新履歴

  • メニューからの手動投稿機能を追加
  • 設定画面の構成を変更

ダウンロード

foo_twitter_post.dll


これ何?

foobar2000で現在再生している曲を手動/自動でTwitterに投稿するコンポーネント。

Title Formattingを使った自由なフォーマットで投稿することが可能。

デフォルトでは以下のフォーマットで投稿する。

Now Playing: TITLE - ARTIST - [ALBUM #TRACKNUMBER]

  • 任意のタイミングで手動で投稿することが可能 
  • 自動で投稿することも可能 
  • 自動の場合、基本的に毎曲投稿するが、ウザがられることを考慮して、オプションで1~1000曲毎に投稿することもできる 
  • 投稿するタイミングを自由に設定可能(例えば10秒再生したら投稿する等) 
  • 投稿フォーマットの末尾にGoogleへの楽曲検索リンクを挿入可能

仕様

  • 設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる。 

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。


設定

  1. foobar2000を起動 
  2. foo_twitter_post.dll のロードを確認
    Preferences → Components で "Twitter Post" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK コンポーネント一覧
  3. 設定
    Preferences → Tools → Twitter Post ページを開く
    以下のような画面が表示される。
    設定 
    【Twitter Settings】
    Twitterに関する設定を行う。

    User ID

    TwitterのユーザIDを入力する。

    Password
    Twitterのパスワードを入力する。

    Post Format
    Twitterに投稿するフォーマットをTitle Formattingで入力する。
    (注) Title Formattingでコンパイルされた最終的な文字列が140文字を超えないように注意すること。半角文字も全角文字も1文字とカウントする。

    Add Google link at end of post
    投稿フォーマットの末尾にGoogleへの楽曲検索リンクを挿入する。曲名 and アーティスト and アルバムで検索をかけるリンクを挿入する。

    【Automatic Mode Settings】 

    自動モードでTwitterに投稿する条件をグループボックスで選択する。
    デフォルトでは自動で投稿しない設定にしている。
    手動で投稿する場合は本項目は設定不要。
    以下に各設定内容について説明する。

    Do not use automatic mode
    自動で投稿しない。

    Post when a track is started
    トラックの再生を開始した直後に投稿する。

    Post when a track is ended

    トラックの再生が終了した直後に投稿する。

    Post when playback percentage is

    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に投稿する。
    割合はスライドバーで設定してください。
    1~99%が選択可能。
    0%を使いたい    → 「Post when a track is started」を使って下さい
    100%を使いたい → 「Post when a track is ended」を使って下さい

    Post when playback second(s) is

    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に投稿する。
    秒数はエディットボックスに入力してください。
    1秒以上が設定可能。
    0秒を使いたい  → 「Post when a track is started」を使って下さい

    Post Intervals
    自動モード時にトラックを投稿する間隔をスライドバーで設定する。例えば1とすれば毎曲投稿する。100とすれば100曲毎に投稿する。
    設定は自動モード時にのみ有効。

    Random

    自動モード時にスライドバーで設定した値の確率で投稿する。例えばスライドバーで100と設定した場合、1/100の確率で投稿する。ただし、確率なので100曲再生しても1曲も投稿しない場合もある。
    設定は自動モード時にのみ有効。

    【Other Settings】

    その他の設定を行う。


    Post only tracks in the media library to Twitter

    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみ投稿する。


手動投稿する

手動投稿には2種類ある。

一つはメニューから行う方法。もう一つはコンテキストメニューから行う方法。

メニューの場合は曲を再生中に Playback → Post to Twitter を選択する↓

メニュー

これで現在再生中のトラックを投稿する。

トラックを選択して右クリックで開くコンテキストメニューからも手動投稿することが可能↓

コンテキストメニュー

これは選択されているトラックを再生すると同時に投稿する。

ただし、「Play and post to Twitter」のコンテキストメニューは複数トラックを選択している場合は表示されない

(手動投稿の注意)

  • 「Twitter Post Timing」がどのような設定であっても必ず投稿する 
  • トラックの再生開始時に投稿する 
  • 「Post intervals」がどのような設定であっても必ず投稿する 
  • 「Post only tracks in the media library to Twitter」がどのような設定であっても必ず投稿する

つまり、設定のいかんに関わらず、必ず投稿する。


使ってみる(自動投稿)

  1. 設定ページを開く 
  2. Twitter Post TimingをDo not use automatic mode以外に設定する 
  3. Twitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する 
  4. Post Intervalsを設定する 
  5. トラックを再生し、設定した条件を満たした場合にTwitterにポストされているか確認する 
  6. もしうまく投稿されていない場合はコンソールにエラーコードが出る。エラーコードが401の場合はユーザIDまたはパスワードが間違っている可能性があるので再度確認する。

注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い 
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

免責事項

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。 
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。 
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。

Twitter Post - Hydrogenaudio


|

« 畑で収穫 | トップページ | 豆三昧 »

foobar2000」カテゴリの記事

自作ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56729/44955664

この記事へのトラックバック一覧です: foo_twitter_post v1.5.1:

« 畑で収穫 | トップページ | 豆三昧 »