« Windows7導入記8:音源、プリンタの設定 | トップページ | Windows7導入記10:iTunes(iPhone)の移行 »

2009年10月25日 (日)

Windows7導入記9:foobar2000の移行

次はfoobar2000をWindows XPからWindows7に移行させる作業。

といっても、これはあっさりと終了した。

まずWindows XPで私が使っていたバージョン0.9.5.2を再インストールする。

過去のバージョンはこちらからダウンロード可能。

Windows XPでバックアップを取っておいた以下のフォルダ

  • C:\Program Files\foobar2000
  • C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\foobar2000

を、それぞれWindows7の以下のフォルダに上書きする。

  • C:\Program Files\foobar2000
  • C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\foobar2000

これで過去の環境がそのまま移行できた。

最後にサウンドデバイスの設定が無効になっている(音が鳴らない)ので以下の画面(設定→Playback→Output)で適切なサウンドデバイスを指定してやる↓

Output Device

以上で終了。無事再生できた。

思っていた以上にあっさりと移行できたので拍子抜けしたよ。

さて、次はiTunesだ。

|

« Windows7導入記8:音源、プリンタの設定 | トップページ | Windows7導入記10:iTunes(iPhone)の移行 »

foobar2000」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56729/46578470

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7導入記9:foobar2000の移行:

« Windows7導入記8:音源、プリンタの設定 | トップページ | Windows7導入記10:iTunes(iPhone)の移行 »