« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

餅つきをした

今日は実家で餅つきをしたよ。何年ぶりやろう?

臼

↑臼。

石なので非常に重く、準備するのが大変だった。

杵

↑杵。餅がくっつかないようにあらかじめ水に浸しておく。

餅米

↑餅米はあらかじめ1日水に浸しておいたものを使用。せいろに入れる。

かまど

↑かまどで餅米を蒸す。水加減を見たり、餅米の堅さを確認したりする。とにかく熱い。

蒸し上がりまで30~40分かかったかな?

蒸し上がったらいよいよ餅つき開始。かけ声をかけながら一気についていく。

とにかく重労働。こんなに力がいるとは思わなかった。冬場なのに汗びっしょりになってしまったよ。

あと、餅をついていると、ついついクールポコを思い出してしまった。男は黙って「餅つき」!

丸める

↑つきあがったお餅に片栗粉をまぶして丸めていく。これが楽しい。

出来上がり

↑出来たてのお餅は大根おろし、きな粉、あんこ等で食べたよ。白餅にあんこを入れたりもした。あと桜海老のお餅もついた。

きな粉餅

↑つきたてのお餅は味もコシも違って美味しい。

大変やったけど面白かった~。またやりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

iPod向けポタアンを買った(iPhoneでも動作した)

オーディオテクニカが先日発売したiPod向けポータブルヘッドホンアンプ「AT-PHA30i」を買った。値段はAmazonで8,500円くらい。

パッケージ

この製品、iPodからの音声を増幅し、高音質な音楽再生を可能にしてくれる。

製品

↑iPodのドックコネクタに接続する形式。アンプ機能の他にリモコン機能も備える。リモコン部の裏側にはクリップを備える。服などにリモコンを取り付けることができて便利。

接続した様子

↑接続した様子。

肝心の音は、結構良くなったよ。音に厚みが増し、パワフルになった印象を受けた。中低音がブーストされる感じ。今まで聞き取れなかった音も拾えるようになったよ。その代わり、電池の減りが早くなる。公式発表によると音楽再生時間が通常の2/3くらいになるとのこと。実際に使ってみたところ、それほど電池の減りは激しくない感じ。3/4くらいかな?

と、ここまで紹介しておいてなんだが、この製品、iPod向けなのだ。そう、iPhoneはサポート外。iPhoneでは使えない可能性が高かったのだが、人柱覚悟で買ってみた結果、iPhoneでも使えたよ。リモコン機能もちゃんと使えている。

ただし、接続時に毎回以下のような警告が出る↓

警告

あと、音楽を聴いている時に着信があると着信音が流れずに無音+バイブになる点が注意。

iPod/iPhoneで少しでも高音質で音楽が聴きたいという方、この製品を試してみてはどうでしょう?

もちろんiPhoneはサポート外なので、iPhoneユーザーでこの製品を購入する予定の方は自己責任で。

一応iPhoneでの動作報告でした。

----------------------

2009/12/22追記

ポタアンを接続したときにリモコンからiPhoneが制御不能になるという問題が発生した。何度か接続しなおしているとうまく動作することもあった。一度うまく動作すると安定するみたい。やはりサポート外だけあって、何が起こるか分からんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

FF13を買った

買ったよ。

パッケージ

今おそらく序盤~中盤やと思うんやけど、グラフィックスが綺麗すぎて驚いたよ。さすがFF。

中身

独特な戦闘システムや成長システムなど、FFは毎回色々とチャレンジしているのが好感が持てる。

ただ、今回のFF13、今のところあまり面白みがないんよね~。グラフィックスは綺麗やし、成長システムや武器の改造など、面白い要素はたくさんあるんやけど、ストーリーが(今のところ)一本道でユーザーが自由に行動できる場面が少ない。「さて、どこ行こうか?」とか「ちょっとレベル上げして鍛えようか」とか、RPGで当たり前のことができない。敷かれたレールの上を走っているだけ。映画を見ている感覚に近いかな。

バトルも面白くないなぁ。面倒くさい。油断しているとすぐゲームオーバーになるし、雑魚敵が湧いてこないからレベル上げして「俺強い!」もできない。バトルが面白くないので熱中してゲームする気にならないんよね。

とはいえまだまだ序盤なので、今後自由行動ができるようになることを祈っている。ストーリーの内容とグラフィックスは◎。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

foo_twitter_post v1.8.1

Released foo_twitter_post v1.8.1.


Change log   

  • Added proxy connection function.
  • Added post function from the Now Playing context menu.
  • The comment window has displayed at the center of the foobar2000 screen.

Download

foo_twitter_post.dll


Introduction

This component post now playing track information to Twitter manually/automatically.

You can post by a free format that uses Title Formatting.

The default format is below.

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxxx

  • Allows you to post manually.
  • If manual post mode, allows you to post with comment.
  • Allows you to post automatically.
  • If automatic post mode, this component post basically at intervals of 1 track. However, it is possible to post at intervals between 1 to 1000 tracks in consideration of being disliked.
  • Allows you to set timing to post.
  • Allows you to insert the link in the tail of post message.
  • Allows you to post to Twitter via proxy.

Features

  • When the setting is changed, the change becomes effective starting the next track.

Installation   

  1. Copy dll file to "foobar2000\components" directory 
  2. Run foobar2000

Settings   

  1. Run foobar2000 
  2. Check to see that foo_twitter_post is installed by going to Preferences -> Components.      
    Also, check to see if you are using the latest version. version
  3. Go to Preferences -> Tools -> Twitter Post 
    image      
          
    Twitter Settings      
    You set Twitter.      
          
    User ID      
    (self explanatory)      
          
    Password      
    (self explanatory)      
          
    Post Format
          
    You set post message by Title Formatting.

    (Note) The final character string compiled by Title Formatting must not exceed 140 characters.         
           
    Add link at end of post         
    If selected, insert the link in the tail of post message. Default link is to YouTube.    
           
    Use proxy          
    If selected, post to Twitter via proxy. set “Server” and “Port” edit box.       
           
    Automatic Post Settings         
    This option allow you to change when the plugin posts the track information to Twitter.         
              
    Do not use automatic post         
    (self explanatory)         
           
    Post when a track is started         
    (self explanatory)         
             
    Post when a track is ended
             
    (self explanatory)         
             
    Post when playback percentage is
             
    You can select a value between 1% and 99%.         
             
    Post when playback second(s) is
             
    You can set any value greater than 1 second.            
                
    Post Intervals
             
    You can select a value between 1 and 1000. e.g. if you select 1, post all tracks. If you select 100, post tracks at intervals of 100 tracks.            
                
    Random
             
    This component posts tracks at the probability of the value set in the slide bar. e.g. if you select 1, post all tracks. If you select 100, post tracks at a probability of 1/100. But because of a probability, as much as one might not be posted even if it plays by 100 tracks.            
                
    Other Settings
                
                
    Post only tracks in the media library to Twitter
          

    If selected, no information will be post to tracks that are not in the media library.


How to post manually 

At first, set user id and password in preferences page.

During playback, select menu Playback -> Post to Twitter. 

menu

Then popup [No comment] and [With comment]. 

If [No comment] selected, post to Twitter directly.

If [With comment] selected, below window is popup. 

popup

Edit your comment and push [Post] button(or Enter key), post to Twitter.   

Also, when you store foobar2000 in the task tray, it is possible to post from the Now Playing context menu displayed by right-clicking in the icon of the task tray (When playback, limit it). 

Now Playing


How to post automatically         

  1. Go to Preferences -> Tools -> Twitter Post 
  2. You set user id and password in "Twitter Setting". 
  3. You set "Twitter Post Timing" except for "Do not use automatic post". 
  4. You set "Post Intervals" 
  5. You play tracks 
  6. You confirm to Twitter whether the post is successful. 
  7. The error code comes out in the console when not posted well. When the error code is 401, you confirm user id or the password again.

Initialization of setting

Push [Reset Page] button in preferences page, then initialize setting this component. 


Disclaimer 

You are using the component at your own risk. The developer is not responsible for any damages.


Link 

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio: 

Twitter Post - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_twitter_post v1.8.1

foo_twitter_post v1.8.1をリリースしました。


更新履歴   

  • Proxy接続機能を追加した
  • Now Playingコンテキストメニューからの投稿機能を追加した
  • コメントウィンドウを画面中央に表示するようにした

ダウンロード

foo_twitter_post.dll


これ何?

foobar2000で現在再生している曲を手動/自動でTwitterに投稿するコンポーネント。

Title Formattingを使った自由なフォーマットで投稿することが可能。

デフォルトでは以下のフォーマットで投稿する。   

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxxx

  • 任意のタイミングで手動で投稿することが可能 
  • 手動の場合、投稿フォーマットに追加でコメントを挿入して投稿することが可能
  • 自動で投稿することも可能 
  • 自動の場合、基本的に毎曲投稿するが、ウザがられることを考慮して、オプションで1~1000曲毎に投稿することもできる 
  • 投稿するタイミングを自由に設定可能(例えば10秒再生したら投稿する等) 
  • 投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入可能
  • Proxy接続によるTwitterへの投稿が可能

仕様 

  • 設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる。 

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。


設定   

  1. foobar2000を起動 
  2. foo_twitter_post.dll のロードを確認      
    Preferences → Components で "Twitter Post" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK 
    バージョン   
  3. 設定      
    Preferences → Tools → Twitter Post ページを開く      
    以下のような画面が表示される。   
    設定      
          
    【Twitter Settings】      
    Twitterに関する設定を行う。      
             
    User ID
          
    TwitterのユーザIDを入力する。      
          
    Password         
    Twitterのパスワードを入力する。      
          
    Post Format         
    Twitterに投稿するフォーマットをTitle Formattingで入力する。      
    (注) Title Formattingでコンパイルされた最終的な文字列が140文字を超えないように注意すること。半角文字も全角文字も1文字とカウントする。       
             
    Add link at end of post          
    投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入する。リンクのフォーマットは右のエディットボックスで設定可能。 
          
    Use proxy         
    Proxyを使用してTwitterへ投稿する場合にチェックを付ける。Proxyのサーバ名とポート番号をServer、Port欄に入力する。      
             
    【Automatic Post Settings】 

    自動でTwitterに投稿する条件をグループボックスで選択する。       
    デフォルトでは自動で投稿しない設定にしている。         
    手動で投稿する場合は本項目は設定不要。         
    以下に各設定内容について説明する。         
             
    Do not use automatic post         
    自動で投稿しない。         
           
    Post when a track is started         
    トラックの再生を開始した直後に投稿する。         
             
    Post when a track is ended
             
    トラックの再生が終了した直後に投稿する。         
             
    Post when playback percentage is
             
    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に投稿する。         
    割合はスライドバーで設定してください。         
    1~99%が選択可能。         
    0%を使いたい    → 「Post when a track is started」を使って下さい         
    100%を使いたい → 「Post when a track is ended」を使って下さい

    Post when playback second(s) is
             
    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に投稿する。         
    秒数はエディットボックスに入力してください。         
    1秒以上が設定可能。         
    0秒を使いたい  → 「Post when a track is started」を使って下さい

    Post Intervals         
    自動モード時にトラックを投稿する間隔をスライドバーで設定する。例えば1とすれば毎曲投稿する。100とすれば100曲毎に投稿する。         
    設定は自動モード時にのみ有効。         
             
    Random
             
    自動モード時にスライドバーで設定した値の確率で投稿する。例えばスライドバーで100と設定した場合、1/100の確率で投稿する。ただし、確率なので100曲再生しても1曲も投稿しない場合もある。         
    設定は自動モード時にのみ有効。            
                
    【Other Settings】
             
    その他の設定を行う。         
             
    Post only tracks in the media library to Twitter
             
    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみ投稿する。   


使ってみる(手動投稿) 

設定画面でTwitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する。

そして、投稿したい曲を再生中に、メニュー Playback → Post to Twitter を選択する↓

menu

すると「No comment」と「With comment」がポップアップ表示される。

「With comment」を選択した場合、コメント編集用のウィンドウが表示される↓

popup

追加したいコメントを記入して、Postボタン(もしくはEnterキー)を押すと、編集した内容でTwitterにポストする。

「No comment」を選択した場合はウィンドウは表示されず、設定したフォーマットでポストする。

また、foobar2000をタスクトレイに格納している場合は、タスクトレイのアイコンを右クリックすることで表示される(曲を再生している時に限る)Now Playingコンテキストメニューからでも投稿することができる↓

Now Playing


使ってみる(自動投稿)   

  1. 設定ページを開く 
  2. Twitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する
  3. Twitter Post TimingをDo not use automatic post以外に設定する 
  4. Post Intervalsを設定する 
  5. トラックを再生し、設定した条件を満たした場合にTwitterにポストされているか確認する
  6. もしうまく投稿されていない場合はコンソールにエラーコードが出る。エラーコードが401の場合はユーザIDまたはパスワードが間違っている可能性があるので再度確認する。

設定の初期化 

設定ページにある「Reset Page」ボタンを押すことで、本コンポーネントの設定を初期化することができる。


注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い 
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

 

免責事項   

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。 
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他 

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。

Twitter Post - Hydrogenaudio 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

foo_twitter_post v1.7.2

Released foo_twitter_post v1.7.2.


Change log

  • Fixed bug that a part of character is garbled in comment window.

Download

foo_twitter_post.dll


Introduction

This component post now playing track information to Twitter manually/automatically.

You can post by a free format that uses Title Formatting.

The default format is below.

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxx

  • Allows you to post manually.
  • If manual post mode, allows you to post with comment.
  • Allows you to post automatically.
  • If automatic post mode, this component post basically at intervals of 1 track. However, it is possible to post at intervals between 1 to 1000 tracks in consideration of being disliked.
  • Allows you to set timing to post.
  • Allows you to insert the link in the tail of post message.

Features

  • When the setting is changed, the change becomes effective starting the next track.

Installation

  1. Copy dll file to "foobar2000\components" directory 
  2. Run foobar2000

Settings

  1. Run foobar2000 
  2. Check to see that foo_twitter_post is installed by going to Preferences -> Components.
    Also, check to see if you are using the latest version. version
  3. Go to Preferences -> Tools -> Twitter Post
    settings

    Twitter Settings
    You set Twitter.

    User ID
    (self explanatory)

    Password
    (self explanatory)

    Post Format

    You set post message by Title Formatting.

    (Note) The final character string compiled by Title Formatting must not exceed 140 characters.

    Add link at end of post
    If selected, insert the link in the tail of post message. Default link is to YouTube.


    Automatic Post Settings
    This option allow you to change when the plugin posts the track information to Twitter.

    Do not use automatic post
    (self explanatory)

    Post when a track is started
    (self explanatory)

    Post when a track is ended

    (self explanatory)

    Post when playback percentage is

    You can select a value between 1% and 99%.

    Post when playback second(s) is

    You can set any value greater than 1 second.

    Post Intervals

    You can select a value between 1 and 1000. e.g. if you select 1, post all tracks. If you select 100, post tracks at intervals of 100 tracks.

    Random

    This component posts tracks at the probability of the value set in the slide bar. e.g. if you select 1, post all tracks. If you select 100, post tracks at a probability of 1/100. But because of a probability, as much as one might not be posted even if it plays by 100 tracks.

    Other Settings


    Post only tracks in the media library to Twitter

    If selected, no information will be post to tracks that are not in the media library.


How to post manually

At first, set user id and password in preferences page.

During playback, select menu Playback -> Post to Twitter.

menu

Then popup [No comment] and [With comment].

If [No comment] selected, post to Twitter directly.

If [With comment] selected, below window is popup.

popup

Edit your comment and push [Post] button(or Enter key), post to Twitter.


How to post automatically

  1. Go to Preferences -> Tools -> Twitter Post 
  2. You set user id and password in "Twitter Setting". 
  3. You set "Twitter Post Timing" except for "Do not use automatic post". 
  4. You set "Post Intervals" 
  5. You play tracks 
  6. You confirm to Twitter whether the post is successful. 
  7. The error code comes out in the console when not posted well. When the error code is 401, you confirm user id or the password again.

Initialization of setting

Push [Reset Page] button in preferences page, then initialize setting this component.


Disclaimer

You are using the component at your own risk. The developer is not responsible for any damages.


Link

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio:

Twitter Post - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

foo_twitter_post v1.7.2

foo_twitter_post v1.7.2をリリースしました。


更新履歴

  • コメントウィンドウで文字化けが発生することがある問題を修正した

ダウンロード 

foo_twitter_post.dll


これ何?

foobar2000で現在再生している曲を手動/自動でTwitterに投稿するコンポーネント。

Title Formattingを使った自由なフォーマットで投稿することが可能。

デフォルトでは以下のフォーマットで投稿する。

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxx

  • 任意のタイミングで手動で投稿することが可能 
  • 手動の場合、投稿フォーマットに追加でコメントを挿入して投稿することが可能
  • 自動で投稿することも可能 
  • 自動の場合、基本的に毎曲投稿するが、ウザがられることを考慮して、オプションで1~1000曲毎に投稿することもできる 
  • 投稿するタイミングを自由に設定可能(例えば10秒再生したら投稿する等) 
  • 投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入可能

仕様 

  • 設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる。 

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。


設定   

  1. foobar2000を起動 
  2. foo_twitter_post.dll のロードを確認      
    Preferences → Components で "Twitter Post" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK 
    バージョン
  3.    
  4. 設定
    Preferences → Tools → Twitter Post ページを開く      
    以下のような画面が表示される。 
    image

    【Twitter Settings】      
    Twitterに関する設定を行う。      
             
    User ID
          
    TwitterのユーザIDを入力する。      
          
    Password         
    Twitterのパスワードを入力する。      
          
    Post Format         
    Twitterに投稿するフォーマットをTitle Formattingで入力する。      
    (注) Title Formattingでコンパイルされた最終的な文字列が140文字を超えないように注意すること。半角文字も全角文字も1文字とカウントする。       
             
    Add link at end of post          
    投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入する。リンクのフォーマットは右のエディットボックスで設定可能。      
             
    【Automatic Post Settings】 

    自動でTwitterに投稿する条件をグループボックスで選択する。       
    デフォルトでは自動で投稿しない設定にしている。         
    手動で投稿する場合は本項目は設定不要。         
    以下に各設定内容について説明する。         
             
    Do not use automatic post         
    自動で投稿しない。         
           
    Post when a track is started         
    トラックの再生を開始した直後に投稿する。         
             
    Post when a track is ended
             
    トラックの再生が終了した直後に投稿する。         
             
    Post when playback percentage is
             
    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に投稿する。         
    割合はスライドバーで設定してください。         
    1~99%が選択可能。         
    0%を使いたい    → 「Post when a track is started」を使って下さい         
    100%を使いたい → 「Post when a track is ended」を使って下さい

    Post when playback second(s) is
             
    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に投稿する。         
    秒数はエディットボックスに入力してください。         
    1秒以上が設定可能。         
    0秒を使いたい  → 「Post when a track is started」を使って下さい

    Post Intervals         
    自動モード時にトラックを投稿する間隔をスライドバーで設定する。例えば1とすれば毎曲投稿する。100とすれば100曲毎に投稿する。         
    設定は自動モード時にのみ有効。         
             
    Random
             
    自動モード時にスライドバーで設定した値の確率で投稿する。例えばスライドバーで100と設定した場合、1/100の確率で投稿する。ただし、確率なので100曲再生しても1曲も投稿しない場合もある。         
    設定は自動モード時にのみ有効。            
                
    【Other Settings】
             
    その他の設定を行う。
             
    Post only tracks in the media library to Twitter
             
    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみ投稿する。   


使ってみる(手動投稿)

設定画面でTwitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する。

そして、投稿したい曲を再生中に、メニュー Playback → Post to Twitter を選択する↓

menu

すると「No comment」と「With comment」がポップアップ表示される。

「With comment」を選択した場合、コメント編集用のウィンドウが表示される↓

popup

追加したいコメントを記入して、Postボタン(もしくはEnterキー)を押すと、編集した内容でTwitterにポストする。

「No comment」を選択した場合はウィンドウは表示されず、設定したフォーマットでポストする。


使ってみる(自動投稿)   

  1. 設定ページを開く 
  2. Twitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する
  3. Twitter Post TimingをDo not use automatic post以外に設定する 
  4. Post Intervalsを設定する 
  5. トラックを再生し、設定した条件を満たした場合にTwitterにポストされているか確認する
  6. もしうまく投稿されていない場合はコンソールにエラーコードが出る。エラーコードが401の場合はユーザIDまたはパスワードが間違っている可能性があるので再度確認する。

設定の初期化

設定ページにある「Reset Page」ボタンを押すことで、本コンポーネントの設定を初期化することができる。


注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い 
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

免責事項   

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。 
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。

Twitter Post - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

foo_twitter_post v1.7.1

I released foo_twitter_post v1.7.1.


Change log

  • Add function of comment post
  • Delete function "Play and post to Twitter"
  • Change URL shorten service bit.ly to j.mp
  • Change default post format
  • Change default link format

Download

foo_twitter_post.dll


Introduction

This component post now playing track information to Twitter manually/automatically.

You can post by a free format that uses Title Formatting.

The default format is below.

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxx

  • Allows you to post manually.
  • If manual post mode, allows you to post with comment.
  • Allows you to post automatically.
  • If automatic post mode, this component post basically at intervals of 1 track. However, it is possible to post at intervals between 1 to 1000 tracks in consideration of being disliked.
  • Allows you to set timing to post.
  • Allows you to insert the link in the tail of post message.

Features

  • When the setting is changed, the change becomes effective starting the next track.

Installation

  1. Copy dll file to "foobar2000\components" directory 
  2. Run foobar2000

Settings

  1. Run foobar2000 
  2. Check to see that foo_twitter_post is installed by going to Preferences -> Components.
    Also, check to see if you are using the latest version. version
  3. Go to Preferences -> Tools -> Twitter Post
    settings

    Twitter Settings
    You set Twitter.

    User ID
    (self explanatory)

    Password
    (self explanatory)

    Post Format

    You set post message by Title Formatting.

    (Note) The final character string compiled by Title Formatting must not exceed 140 characters.

    Add link at end of post
    If selected, insert the link in the tail of post message. Default link is to YouTube.


    Automatic Post Settings
    This option allow you to change when the plugin posts the track information to Twitter.

    Do not use automatic post
    (self explanatory)

    Post when a track is started
    (self explanatory)

    Post when a track is ended

    (self explanatory)

    Post when playback percentage is

    You can select a value between 1% and 99%.

    Post when playback second(s) is

    You can set any value greater than 1 second.

    Post Intervals

    You can select a value between 1 and 1000. e.g. if you select 1, post all tracks. If you select 100, post tracks at intervals of 100 tracks.

    Random

    This component posts tracks at the probability of the value set in the slide bar. e.g. if you select 1, post all tracks. If you select 100, post tracks at a probability of 1/100. But because of a probability, as much as one might not be posted even if it plays by 100 tracks.

    Other Settings


    Post only tracks in the media library to Twitter

    If selected, no information will be post to tracks that are not in the media library.


How to post manually

At first, set user id and password in preferences page.

During playback, select menu Playback -> Post to Twitter.

menu

Then popup [No comment] and [With comment].

If [No comment] selected, post to Twitter directly.

If [With comment] selected, below window is popup.

popup

Edit your comment and push [Post] button(or Enter key), post to Twitter.


How to post automatically

  1. Go to Preferences -> Tools -> Twitter Post 
  2. You set user id and password in "Twitter Setting". 
  3. You set "Twitter Post Timing" except for "Do not use automatic post". 
  4. You set "Post Intervals" 
  5. You play tracks 
  6. You confirm to Twitter whether the post is successful. 
  7. The error code comes out in the console when not posted well. When the error code is 401, you confirm user id or the password again.

Initialization of setting

Push [Reset Page] button in preferences page, then initialize setting this component.


Disclaimer

You are using the component at your own risk. The developer is not responsible for any damages.


Link

The component has a discussion thread at Hydrogenaudio:

Twitter Post - Hydrogenaudio


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

foo_twitter_post v1.7.1

foo_twitter_post v1.7.1をリリースしました。


更新履歴

  • コメントを追加してTwitterに投稿する機能を追加した
  • ポップアップメニュー"Play and post to Twitter"を削除した
  • リンクのURL短縮サービスをbit.lyからj.mpに変更した
  • デフォルトの投稿フォーマットを変更した
  • デフォルトのリンクフォーマットを変更した

ダウンロード 

foo_twitter_post.dll


これ何?

foobar2000で現在再生している曲を手動/自動でTwitterに投稿するコンポーネント。

Title Formattingを使った自由なフォーマットで投稿することが可能。

デフォルトでは以下のフォーマットで投稿する。

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxx

  • 任意のタイミングで手動で投稿することが可能 
  • 手動の場合、投稿フォーマットに追加でコメントを挿入して投稿することが可能
  • 自動で投稿することも可能 
  • 自動の場合、基本的に毎曲投稿するが、ウザがられることを考慮して、オプションで1~1000曲毎に投稿することもできる 
  • 投稿するタイミングを自由に設定可能(例えば10秒再生したら投稿する等) 
  • 投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入可能

仕様 

  • 設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる。 

インストール方法

ダウンロードしたファイルを foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。


設定   

  1. foobar2000を起動 
  2. foo_twitter_post.dll のロードを確認      
    Preferences → Components で "Twitter Post" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK 
    バージョン
  3.    
  4. 設定
    Preferences → Tools → Twitter Post ページを開く      
    以下のような画面が表示される。 
    image

    【Twitter Settings】      
    Twitterに関する設定を行う。      
             
    User ID
          
    TwitterのユーザIDを入力する。      
          
    Password         
    Twitterのパスワードを入力する。      
          
    Post Format         
    Twitterに投稿するフォーマットをTitle Formattingで入力する。      
    (注) Title Formattingでコンパイルされた最終的な文字列が140文字を超えないように注意すること。半角文字も全角文字も1文字とカウントする。       
             
    Add link at end of post          
    投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入する。リンクのフォーマットは右のエディットボックスで設定可能。      
             
    【Automatic Post Settings】 

    自動でTwitterに投稿する条件をグループボックスで選択する。       
    デフォルトでは自動で投稿しない設定にしている。         
    手動で投稿する場合は本項目は設定不要。         
    以下に各設定内容について説明する。         
             
    Do not use automatic post         
    自動で投稿しない。         
           
    Post when a track is started         
    トラックの再生を開始した直後に投稿する。         
             
    Post when a track is ended
             
    トラックの再生が終了した直後に投稿する。         
             
    Post when playback percentage is
             
    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に投稿する。         
    割合はスライドバーで設定してください。         
    1~99%が選択可能。         
    0%を使いたい    → 「Post when a track is started」を使って下さい         
    100%を使いたい → 「Post when a track is ended」を使って下さい

    Post when playback second(s) is
             
    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に投稿する。         
    秒数はエディットボックスに入力してください。         
    1秒以上が設定可能。         
    0秒を使いたい  → 「Post when a track is started」を使って下さい

    Post Intervals         
    自動モード時にトラックを投稿する間隔をスライドバーで設定する。例えば1とすれば毎曲投稿する。100とすれば100曲毎に投稿する。         
    設定は自動モード時にのみ有効。         
             
    Random
             
    自動モード時にスライドバーで設定した値の確率で投稿する。例えばスライドバーで100と設定した場合、1/100の確率で投稿する。ただし、確率なので100曲再生しても1曲も投稿しない場合もある。         
    設定は自動モード時にのみ有効。            
                
    【Other Settings】
             
    その他の設定を行う。
             
    Post only tracks in the media library to Twitter
             
    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみ投稿する。   


使ってみる(手動投稿)

設定画面でTwitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する。

そして、投稿したい曲を再生中に、メニュー Playback → Post to Twitter を選択する↓

menu

すると「No comment」と「With comment」がポップアップ表示される。

「With comment」を選択した場合、コメント編集用のウィンドウが表示される↓

popup

追加したいコメントを記入して、Postボタン(もしくはEnterキー)を押すと、編集した内容でTwitterにポストする。

「No comment」を選択した場合はウィンドウは表示されず、設定したフォーマットでポストする。


使ってみる(自動投稿)   

  1. 設定ページを開く 
  2. Twitter SettingsにTwitterのユーザIDとパスワードを入力する
  3. Twitter Post TimingをDo not use automatic post以外に設定する 
  4. Post Intervalsを設定する 
  5. トラックを再生し、設定した条件を満たした場合にTwitterにポストされているか確認する
  6. もしうまく投稿されていない場合はコンソールにエラーコードが出る。エラーコードが401の場合はユーザIDまたはパスワードが間違っている可能性があるので再度確認する。

設定の初期化

設定ページにある「Reset Page」ボタンを押すことで、本コンポーネントの設定を初期化することができる。


注意事項

  • 設定変更時、「すべて保存ボタン」は押さなくて良い 
  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

免責事項   

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。
  • 何をするコンポーネントか分かる人のみ使用してください。 
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。

Twitter Post - Hydrogenaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

様々なパンを焼いた

ホームベーカリーを買ってから、様々なパンを焼いてみた(嫁さんが)。

アールグレイパン

↑アールグレイの茶葉を混ぜた食パン。これ、良い香りがして美味しかった。

蒸しパン

↑蒸しパン。

バターロール

↑バターロール。焦げ目を出すために卵黄を塗るなんて初めて知った。ウィンナーを挟んでホットドッグとして食べたよ。

ベーグル

↑ベーグル。茹でて焼いてと手間がかかる。けどもっちりしてて美味!

さて、今度はどんなパンを焼こうかなぁ(嫁さんが)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

「Google日本語入力」登場

みなさんは日本語入力ソフトに何を使っていますか?OS標準のもの?ATOK?Anthy?SKK?それとも他のもの?

なんと本日Googleが日本語入力ソフト「Google日本語入力」をリリースしてきた。突然だったので驚いた。もちろん無料。Windows、Macで使用できる。

ダウンロードはこちらから。

レビューは以下の記事が詳しい↓

「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に耐えるかどうか試してみた – Gigazine

上記記事は以下のように締めくくっている。

実際に使ってみた印象としては、MS-IMEよりは割と上な感じ、辞書を鍛えまくったATOKよりは少し下、という感じです。ただ、これが無料で提供されているという事実を考えると、かなりのシェアを今後は確保するはずです。特にサジェスト機能がかなり強力なので、MS-IMEから乗り換えるのであれば十分に「アリ」です。

私も早速導入してみようかと思ったんやけど、昔からATOK派なもんで今回は導入は見送ることにした。しばらく様子を見て、安定していそうなら一度使ってみようかと思う。

みなさんはこの「Google日本語入力」、使ってみようと思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

iPhone版Photoshopが日本でも提供開始、早速試してみた

10月にアメリカ、カナダでのみ先行リリースされていたiPhone版Photoshopが全世界でリリースされた。アプリ料金はなんと無料。早速試してみた。

起動直後

↑起動すると既存の写真を選んで編集するか、新たに写真を撮って編集するかを選択できる。

編集画面

↑先日撮ったバターロールの写真を選択したところ。上部のツールバーに編集メニューが並ぶ。

クロップ

↑写真のクロップ(切り抜き)機能を試しているところ。任意の個所を切り出すことができる。

エフェクトをかけた様子

↑Effectsメニューで様々な効果を写真に付与できる。これはPopというエフェクトをかけたところ。

フィルタをかけた様子

↑フィルタも使用可能。「Sketch」を試してみたところ。現在利用できるフィルタは「Sketch」と「Soft Focus」の2種類のみ。

私はTwitterで写真をよく投稿したりするので、こういった写真編集ソフトの存在は大きい。さすがPhotoshopだけあって、使い方も簡単で直観的なのが高評価だった。これが無料というのはすばらしい。今後iPhoneの写真編集ソフトの定番になるのではなかろうか。

ただ、欲を言えば、メニューが日本語化してくれたり、写真に文字を書き込めたりできるとうれしいな。この辺はバージョンアップに期待しよう。

なお、アプリの正式名称は「Photoshop.com Mobile」であるのでApp Storeからダウンロードする際は注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »