« 可逆圧縮TAKにアルバムアート(ジャケット画像)を埋め込む方法 | トップページ | 家系ラーメン 大原家に行ってきた »

2010年1月26日 (火)

「ファイナルファンタジーXIII」の評価 (クリア済)

PS3では初登場となるファイナルファンタジーシリーズ。このためにPS3を買った人も多いはず。果たしてその出来は?

タイトル ファイナルファンタジーXIII
プラットフォーム プレイステーション3
ジャンル ロールプレイング
ストーリー
システム
グラフィック
音楽
操作性
熱中度
総合

内容

結論から言うと、ちょっと期待はずれだった。一番残念だったのは戦闘システムがあまり面白くなかったこと。ほとんどの戦闘が作戦(オプティマ)の切り替えと○ボタン連打のみで決着がつく。オプティマの編成と切り替えが今回の戦闘システムのミソだと思うのだが、このシステムにいまいちハマれなかった。中盤以降雑魚敵が強過ぎて、ゲームオーバーになることが多々ありストレスが溜まるのも残念なところ。ゲームオーバーを繰り返しながら先に進むゲームオーバーゲーになってしまっている。この辺の戦闘システムのシビアさはメガテン3あたりを彷彿とさせる(リーダーが死んだら即ゲームオーバーな点も含めて)。このように戦闘システムの難易度が今までのファイナルファンタジーシリーズと比べて高めに設定してあるため、万人受けしないと思う。少なくともライトゲーマーは途中で投げ出してしまうのではないかと思う(私も途中2度ほど投げ出してしまった)。

また、中盤までマップが一本道なのも残念。しかも狭い一本道。道に迷わなくて済むが、自由度がなさ過ぎる。

しかし、ファイナルファンタジーは毎回斬新なシステムを盛り込んでくるところが好感が持てる。

ストーリーや世界観はとても良かった。説明もしっかりされており、理解しやすい。ただ、キャラクターの言動がいちいち鼻についたり、恥ずかしかったりするところが多かった。まぁこれは今に始まったことではないし、ゲームなので問題なし。

グラフィックは本当に凄い。ここまで綺麗に表現できるのかと感動してしまう。是非大画面テレビ(フルハイビジョン)で楽しむべき。中盤以降世界が広がったところのマップの壮大さは一見の価値あり。

音楽は・・・良くも悪くもなかったかな。でも戦闘の曲は格好良い。

最後に、買おうかどうか迷っている方へ。

上述の通り、戦闘システムが非常にシビアなので、有名タイトルだから簡単だろうという感覚で買うと、途中で投げ出してしまうことになると思う。以下のような方であればお勧めできるが、そうでなければあまりお勧めできないゲームだと思う。値段も高いしね。

  • レベル上げが苦にならない 
  • ファイナルファンタジーシリーズが好き 
  • PS3のグラフィック性能を大画面テレビで堪能してみたい

ちなみに私がクリアにかかった時間は48時間だった。


良い点

  • とにかくグラフィックが綺麗、キャラクター、背景に見とれる 
  • ストーリーや用語の説明があるため、ストーリーや世界観の把握がしやすい 
  • 手に汗握る戦闘システム(ATB) 
  • 戦闘中のAIがかなり頭が良い
  • 頭を使って作戦を立てないとボスに勝てない絶妙な戦闘バランス 
  • ゲームオーバーになっても(さらに戦闘中でも)直前からのリスタートが可能 
  • キャラクターのカスタマイズが自由にできる(クリスタリウム) 
  • 戦闘の作戦を自由に作成可能(オプティマ) 
  • ストーリーと世界観が良い 
  • 冥碑(ミッション)によるやり込み要素 
  • 武器、アクセサリの改造システム

悪い点

  • 中盤まで自由な行動ができない(マップが狭い一本道) ←これが致命的
  • 雑魚敵が強く、初見の敵などではゲームオーバーになることが多々ある 
  • 雑魚敵が堅い 
  • 中盤以降レベル上げが必須となる 
  • シンボルエンカウント式のためレベル上げが面倒 
  • リーダーがやられると即ゲームオーバーになる 
  • 時間にシビアな戦闘システム(ATB)の割にはコマンドを開くときに微妙にひっかかる(メニューがフェードする) 
  • 戦闘が○ボタン連打になりがち(戦闘では基本的に自動でコマンド入力してくれるため、敵の弱点などあまり考える必要がなくなった) 
  • 武器、アクセサリの改造が自由過ぎて、どうして良いのか分かりにくい 
  • 街がない 
  • キャラクター毎に召喚獣が固定(結局召喚獣使ったのオーディンだけだった)
  • クリスタリウムシステムがFF10のスフィア盤に似ている

攻略サイト

FF12/FF13 極限攻略データベース


ネタバレ

ネタバレも含めた良い点と悪い点、そして攻略のカギ。

良い点

  • ラスボス戦の緊張感が凄い(絶妙な戦闘バランス)

悪い点

  • エンディングが短い(ノラの面子やホープの父親とかが登場しても良かったのに) 
  • せっかく6人キャラクターがいるので、最後に2パーティに分かれて戦闘とかがあれば良かった

攻略のカギ

中盤以降CP稼ぎが必要になるが、私が稼いだ方法を記載しておく。詰まった方は参考にどうぞ。11章、13章で役に立つ。

場所:

アルカキルティ大平原(グラン=パルス)

稼ぎ方:

マハーバラ炭坑へ行く直前に巨大な敵2匹(キングベヒーモスとメギストテリウム)が戦っているので、こいつらを倒すと6600のCPが稼げる。殲滅にかかる時間は11章到達時で1分くらい、13章では15秒くらいと短く、ほぼ○ボタンの連打だけで機械的に勝てる。また、直前にあるセーブポイントをちょっと過ぎるあたりまで戻れば、敵がすぐ復活するので狩りやすい。

戦闘のコツは、キングベヒーモスをいかに立ち上がらせずに勝つか。必ず奇襲攻撃になるので、戦闘開始直後にキングベヒーモスをブレイクしてアタッカーによるスマッシュアッパーを決め、そのまま行動させずに倒してしまうと良い。11章到達時では一回のスマッシュアッパーだけでは倒せないことがほとんどだと思うので、アタッカーを2人以上用意して、連続してスマッシュアッパーを決めるようにすれば安全に倒すことができる。もしキングベヒーモスが立ち上がってしまったらリスタートしてやり直した方が早い。オプティマ編成や装備(ダッシューズ、閃光のスカーフ)などによって、戦闘の流れが大きく変わるので、キングベヒーモスを立ち上がらせずに勝つ組み合わせを見つけさえすれば、あとは機械的にCPを稼げる。メギストテリウムはそんなに強くないのでキングベヒーモスを倒した後にゆっくり倒せばよい。とはいえ11章到達時ではそこそこ強いので回復しつつ倒す必要があるかもしれない。ちなみに私はライトニング、ファング、ホープのメンバーで稼いでいた。

この方法でラスボスに勝てるくらいまでの力は十分に備わる。

|

« 可逆圧縮TAKにアルバムアート(ジャケット画像)を埋め込む方法 | トップページ | 家系ラーメン 大原家に行ってきた »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

んー。同じくクリアしたけど、
やっぱりストーリーというか通路の一本道感と
キャラクターのセリフが鼻につく(個人的にはホープ)は同意見やなー。

ちなみに、その後やったアサシンクリードIIは面白かった・・・。

投稿: High16 | 2010年2月 2日 (火) 15:52

> High16

アサシンクリードII、調べてみたけど面白そうやね。でも自分は苦手なアクション系なので買うのにちょっと躊躇しちゃうなぁ。どちらかというと2月18日に出るバイオハザード5 オルタナティブ エディションが気になってる。値段も安いし(5,000円くらい)買っちゃうかも。

投稿: きたへい | 2010年2月 7日 (日) 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ファイナルファンタジーXIII」の評価 (クリア済):

« 可逆圧縮TAKにアルバムアート(ジャケット画像)を埋め込む方法 | トップページ | 家系ラーメン 大原家に行ってきた »