« ご褒美 | トップページ | foo_twit_post v3.0.1 »

2010年6月25日 (金)

foo_twit_post v3.0.1

foo_twit_post v3.0.1をリリースしました。

(注1) Twitter側の仕様変更により、本バージョンより前のfoo_twit_postは2010/08/31をもって使用できなくなる見込みです。詳しくはこちらをご覧下さい。2010/08/31以降もfoo_twit_postを使用する場合は本バージョン以降へアップデートしてください。

(注2) 以前のバージョンから本バージョンにアップデートした場合、認証情報(スクリーンネーム/パスワード)が削除されますので、設定ページからAuthenticationボタンを押して認証してください。

(注3) Twitterで表示されるクライアント名をfoo_twitter_postからfoo_twit_postに変更しました。2010/07/07追記


更新履歴 

  • TwitterのOAuth(xAuth)認証に対応した
  • Playback/Post to Twitterのメニューをショートカット指定して、曲を再生していない時に実行した場合にfoobar2000がクラッシュするバグを修正した
  • With commentで投稿した時にfoobar2000がクラッシュすることがあるバグを修正した
  • コンパイルされたリンクフォーマットが空の場合はj.mpによるURL短縮を行わないようにした
  • 最新のSDKでビルドし直した

ダウンロード   

foo_twit_post.zip 


これ何? 

foobar2000で現在再生している曲を手動/自動でTwitterに投稿するコンポーネント。

Title Formattingを使った自由なフォーマットで投稿することが可能。

デフォルトでは以下のフォーマットで投稿する。   

#nowplaying TITLE - ARTIST - [ALBUM No.TRACKNUMBER] http://j.mp/xxxxxx

       
  • 任意のタイミングで手動で投稿することが可能 
  • 手動の場合、投稿フォーマットに追加でコメントを挿入して投稿することが可能
  • 自動で投稿することも可能 
  • 自動の場合、基本的に毎曲投稿するが、ウザがられることを考慮して、オプションで1~1000曲毎に投稿することもできる 
  • 投稿するタイミングを自由に設定可能(例えば10秒再生したら投稿する等) 
  • 投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入可能
  • Proxy接続によるTwitterへの投稿が可能

仕様   

  • 設定を変更した場合、変更は次トラック再生時から有効になる。 

インストール方法 

dll を foobar2000\components に配置して foobar2000 を起動するだけ。   


設定   

  1. foobar2000を起動 
  2. foo_twitter_post.dll のロードを確認      
    Preferences → Components で "Twitter Post" が表示されており、VERSIONの値がダウンロードしたバージョンと一致していればOK 
    バージョン情報
  3.    
  4. 設定      
    Preferences → Tools → Twitter Post ページを開く      
    以下のような画面が表示される。      
    設定ページ          
    【Twitter Settings】      
    Twitterに関する設定を行う。       
             
    Screen Name
          
    現在認証されているTwitterのスクリーンネームを表示。      
        
    Authenticationボタン         
    認証ダイアログを表示する。 
          
    Deleteボタン         
    認証情報を削除する。      
          
    Post Format         
    Twitterに投稿するフォーマットをTitle Formattingで入力する。 
    (注) Title Formattingでコンパイルされた最終的な文字列が140文字を超えないように注意すること。半角文字も全角文字も1文字とカウントする。       
             
    Add link at end of post          

    投稿フォーマットの末尾に任意のリンクを挿入する。リンクのフォーマットは右のエディットボックスで設定可能。 
          
    Use proxy         
    Proxyを使用してTwitterへ投稿する場合にチェックを付ける。Proxyのサーバ名とポート番号をServer、Port欄に入力する。      
     
    【Automatic Post Settings】 

    自動でTwitterに投稿する条件をグループボックスで選択する。       
    デフォルトでは自動で投稿しない設定にしている。         
    手動で投稿する場合は本項目は設定不要。         
    以下に各設定内容について説明する。         
     
    Do not use automatic post         
    自動で投稿しない。         
           
    Post when a track is started         
    トラックの再生を開始した直後に投稿する。         
             
    Post when a track is ended
             
    トラックの再生が終了した直後に投稿する。         
             
    Post when playback percentage is
             
    トラックの再生時間が一定割合を超えた場合に投稿する。         
    割合はスライドバーで設定してください。         
    1~99%が選択可能。         
    0%を使いたい    → 「Post when a track is started」を使って下さい         
    100%を使いたい → 「Post when a track is ended」を使って下さい         
             
    Post when playback second(s) is
             
    トラックの再生時間が一定秒数を超えた場合に投稿する。         
    秒数はエディットボックスに入力してください。         
    1秒以上が設定可能。         
    0秒を使いたい  → 「Post when a track is started」を使って下さい         
           
    Post Intervals         
    自動モード時にトラックを投稿する間隔をスライドバーで設定する。例えば1とすれば毎曲投稿する。100とすれば100曲毎に投稿する。         
    設定は自動モード時にのみ有効。         
             
    Random
             
    自動モード時にスライドバーで設定した値の確率で投稿する。例えばスライドバーで100と設定した場合、1/100の確率で投稿する。ただし、確率なので100曲再生しても1曲も投稿しない場合もある。         
    設定は自動モード時にのみ有効。 
             
    Post only tracks in the media library to Twitter
             
    チェックを入れた場合、メディアライブラリ内の曲のみ投稿する。   
    設定は自動モード時にのみ有効。

設定が終わったらOK/Applyのどちらかのボタンを押して設定変更を確定する。


最初にやること(認証) 

最初にTwitterの認証を行う必要がある。

設定ページのAuthenticationボタンを押すと以下のようなダイアログが表示される。

認証ダイアログ

このダイアログにTwitterのスクリーンネームおよびパスワードを入れ、OKボタンを押す。しばらくして以下のような認証成功のダイアログが表示されればOK。 

認証成功

OKボタンを押してダイアログを閉じ、設定ページからOK/Applyのいずれかのボタンを押し認証情報を保存する。

次の曲の再生時から本認証情報が有効になるので、現在曲を再生中ならば次の曲にスキップする。

以上でfoo_twitter_postを使用する準備が整った。


使ってみる(手動投稿)   

投稿したい曲を再生中に、メニュー Playback → Post to Twitter を選択する↓

Playbackメニュー

 

すると「No comment」と「With comment」がポップアップ表示される。 

「With comment」を選択した場合、コメント編集用のウィンドウが表示される↓

With comment

 

追加したいコメントを記入して、Postボタン(もしくはEnterキー)を押すと、編集した内容でTwitterにポストする。 

「No comment」を選択した場合はウィンドウは表示されず、設定したフォーマットでポストする。

また、foobar2000をタスクトレイに格納している場合は、タスクトレイのアイコンを右クリックすることで表示される(曲を再生している時に限る)Now Playingコンテキストメニューからでも投稿することができる↓ 

Now Playingコンテキストメニュー 


使ってみる(自動投稿) 

  1. 設定ページを開く 
  2. Twitter Post TimingをDo not use automatic post以外に設定する 
  3. Post Intervalsを設定する
  4. OK/Applyいずれかのボタンを押し設定を確定する
  5. トラックを再生し、設定した条件を満たした場合にTwitterにポストされているか確認する
  6. もしうまく投稿されていない場合はコンソールにエラーメッセージが出る。

設定の初期化   

設定ページにある「Reset Page」ボタンを押すことで、本コンポーネントの設定を初期化することができる(Reset Pageボタンを押した後、OK/Applyボタンを押さないと反映されない)。


注意事項 

  • 設定を変更した場合、変更内容は次トラック再生時から有効になる

免責事項    

  • 本コンポーネントを使用して発生したいかなる問題にも責任を負いかねます。最悪メディアライブラリやコンピュータのデータを破壊してしまうかもしれません。自己責任にてご利用願います。   
  • バグ等あれば連絡ください。出来る限り対処します(無理な場合もありますのでご了承下さい)。

その他   

本コンポーネントの議論は以下のフォーラムで行っています。   

Twitter Post - Hydrogenaudio 

|

« ご褒美 | トップページ | foo_twit_post v3.0.1 »

foobar2000」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

自作ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

ねとらじをfoober2000で聞いてるのですが、同一トラックでタイトルだけ変化する仕様なんです。
設定にタイトルが変更されたときというのも追加していただけると嬉しいです。

投稿: らぁ | 2010年8月12日 (木) 19:45

foo twit post 3.0.1.1 を使用しているのですが、デフォルトのTltle formattingが140文字以上なので、デフォルトのままだと使用できません。フォーマッティングの文法を教えていただくか、デフォルトで使えるようにしていただけたら幸いです。

投稿: km09 | 2010年9月 6日 (月) 14:08

いつも foo_twit_post を便利に使わせていただいています。
ありがとうございます!

foobar2000 v1.1 + foo_twit_post v3.0.1 でうまく twitter に
ポストできなくなってしまったので、ご連絡します。
以下の情報で直せるようであれば、できたらお願いをしたいです。。

●症状
Preference での認証は正常にできている。
実際にタスクトレイからポストすると、エラーはでないものの、ツイッターに反映されない

HTTPヘッダのやりとりを見ると、以下のように 401 を返されています。

■リクエストヘッダ
POST /1/statuses/update.xml?oauth_consumer_key=<hoge>&oauth_nonce=<hoge>&oauth_signature_method=HMAC-SHA1&oauth_timestamp=1285683606&oauth_token=<hoge>-<hoge>&oauth_version=1.0&status=<URLエンコード済み文字列>&oauth_signature=<hoge> HTTP/1.1
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
User-Agent: Twitter Post for foobar2000
Host: api.twitter.com
Content-Length: 0
Pragma: no-cache
Cookie: guest_id=<hoge>; original_referer=<hoge>; k=<hoge>; _twitter_sess=<hoge>
Connection: keep-alive

■レスポンスヘッダ
HTTP/1.1 401 Unauthorized
Date: Tue, 28 Sep 2010 14:20:09 GMT
Server: hi
Status: 401 Unauthorized
WWW-Authenticate: Basic realm="Twitter API"
Content-Type: application/xml; charset=utf-8
Content-Length: 663
Cache-Control: no-cache, max-age=1800
Set-Cookie: _twitter_sess=<hoge>; domain=.twitter.com; path=/
Expires: Tue, 28 Sep 2010 14:50:09 GMT
Vary: Accept-Encoding
Connection: close

また、パケットキャプチャで中身をみたところ、
レスポンスボディでは、"Incorrect Signature" とのメッセージ返っていました。

OAuth の認証の仕組みの詳細がわかっていないので、どのあたりが
Incorrect なのかちょっとわからなかったのですが、
他の報告がないところを見ると私の環境特有なのかもしれないです。。

投稿: | 2010年9月28日 (火) 23:37

今日使ってみようと思ったらコンソールに401と出て使えませんでした。
どうすればいいか教えていただけると嬉しいです。

投稿: | 2010年11月 2日 (火) 23:19

初めまして。
foo_twit_postを使用したところ、↑×2のような症状に遭遇しましたので報告します。


foober2000: v1.1.1
foo_twit_post: 3.0.1


●症状
設定が完了し、認証もすませた上で投稿を行おうとすると、コメント有り、無しにかかわらず、Twitterに反映されません。
HTTPエラーコードは↑×2と同様に401です


↑×2と同じようにパケットキャプチャを用いて調べてみたところ、
やはり同じように401エラーが帰ってきております。

レスポンス
- Http:
Command: POST
ProtocolVersion: HTTP/1.1
+ ContentType: application/x-www-form-urlencoded
UserAgent: Twitter Post for foobar2000
Host: api.twitter.com
ContentLength: 0
Cache-Control: no-cache
+ Cookie: **; _twitter_sess=****
HeaderEnd: CRLF


ポスト
- Http:
Command: POST
+ URI: /1/statuses/update.xml?
oauth_consumer_key=***&
oauth_nonce=***&
oauth_signature_method=HMAC-SHA1&
oauth_timestamp=1302459329&
oauth_token=***&
oauth_version=1.0&
stat
ProtocolVersion: HTTP/1.1
+ ContentType: application/x-www-form-urlencoded
UserAgent: Twitter Post for foobar2000
Host: api.twitter.com
ContentLength: 0
Cache-Control: no-cache
+ Cookie: ***; _twitter_sess=***
HeaderEnd: CRLF

投稿: 鈴 | 2011年4月11日 (月) 03:34

401 Incorrect Signatureが出てる方々。
私の環境では日本語化しているのが原因でした。
アップデート機能もですが、仕様上、日本語化すると動かない機能が出てくるみたいです。

投稿: Anonymous | 2011年4月17日 (日) 23:29

↑1
英語版(通常版)の状態で動作させても同じエラーになりました。
もうお手上げ…。

投稿: 鈴 | 2011年5月 7日 (土) 10:54

↑のみなさん
twitter上のアプリ連携でfoo_twit_postの認証を取り消してから、再認証してみてください。
自分の場合はそれで使えました。

投稿: bdbdda | 2011年5月14日 (土) 20:07

はじめにコメント欄で401で使えないと書いたものです。
↑の方の書かれたとおり、twitter 画面上のアプリ連携で foo_twit_post の認証を取り消して、foobar2000 で再認証したところ、解決しました!ありがとうございます!
実に9ヶ月ぶりに使えるやったー

投稿: | 2011年6月 9日 (木) 00:55

Twitter上からの許可取り消し→再認証は何度もやっているけど、もしかしたら…と思ってやってみましたけど、やっぱりダメでしたorz

思い切ってfoobarの設定をAll Resetしてみましたけど、状況は変わりませんでした。

解決方法を見いだすことができないので、これまで通り手動ツイートで頑張ることにします。

投稿: 鈴 | 2011年6月10日 (金) 07:57

foobar1.1.5で3.0.1.1バージョンを使用していますがリンクの添付技能が作動しません。何か解決方法があれば教えてください。

投稿: ラン | 2011年6月11日 (土) 19:12

返信が遅くなって申し訳ありません。

> らぁさん

「タイトルが変更されたとき」という判定処理を入れるのはちょっと特殊になってしまうので実現は難しいです。すいません。

> エラーとなっている方、リンク機能が動作しない方

最新バージョン3.1.1を公開したのでそちらを使ってみて下さい。

投稿: きたへい | 2011年6月27日 (月) 18:52

最新バージョンを早速使ってみました。
特に設定を変えることなく動作しました!

この度はどうもありがとうございます。

投稿: 鈴 | 2011年6月27日 (月) 19:49

> 鈴さん

ご報告ありがとうございました。無事動作して良かったです。

投稿: きたへい | 2011年6月27日 (月) 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56729/48719040

この記事へのトラックバック一覧です: foo_twit_post v3.0.1:

« ご褒美 | トップページ | foo_twit_post v3.0.1 »