カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2008年8月21日 (木)

ハリー・ポッターの最終巻を読み終わった

いや~、なかなか良かったよ。

ハリー・ポッターと死の秘宝

以下ネタバレするので読んでない人は飛ばしてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりスネイプは味方やったんやね、良かった。この物語の第二の主人公は確実にスネイプやね。ラストの伏線回収部分&スネイプの死に様は読んでて泣けてきた。

死んだと言えば、マッドアイ、フレッド、ルーピン夫婦が死んでしまった。死喰い人がたくさん死ぬのに騎士団側が死なないのはおかしいから無理矢理死なせましたって感じがしてちょっと残念。

あと残念やったのはヴォルデモートがあっけなくやられてしまったこと。もうちょっと激闘を繰り広げて欲しかったな。分霊箱の破壊がヴォルデモートにどんな影響を与えていたのかもいまいち伝わってこなかった。

と色々書いたけど、全体としては良作やったよ。全て知った上でもう一度最初から読むと面白さ倍増かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ハリー・ポッターの最終巻を買った

本日発売。

ハリー・ポッターと死の秘宝

遂に完結。一体どんな終わり方をするのか今から楽しみ。

本当に好きな人は1年前に発売された英語版を読んでるんやろうけど、私にはそんな英語力はないので日本語版を心待ちにしていた。

さて、これから読んでみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

ダ・ヴィンチ・コードを読んだ

今更と言われるかもしれませんが、「ダ・ヴィンチ・コード」を読みました。嫁さんが読破して面白かったと言っていたので読み始めたところ、止まらなくなってしまいました;;

Dscf4246 読みました

本作の面白さは、登場する組織や絵画、キリスト教伝説等が史実に基づいているところだと思います(もちろん暗号を解く面白さもある)。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や「最後の晩餐」といった有名画は知っていましたが、そこに描かれている奇妙な点についてはこの本を読んで初めて知りました。「おお、言われてみれば確かにその通りだ!」の連発で一気に物語りに引き込まれてしまいました。

暗号を解くのが大好きな人、この本はオススメです。レオナルド・ダ・ヴィンチについて知識がある人より、私のような全く無知な人にこそオススメしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

ハリー・ポッターと謎のプリンスを読んだ

1ヶ月ほど前ですが、読破しました。今回は読む前に前巻を読み直したりしていなかったため、伏線がある毎に「そういえばそんな話があったような気がする」なんて思い出したりしながら読んでいました。

Dscf4153 読みました

上巻の半分くらいまではなかなか話に乗れず、進捗もよくなかったんですが、後半からはどんどん引き込まれてしまい、下巻もそのまま読み切ってしまいました。相変わらず作者は話に引き込むのがうまいなぁと関心してしまいました。次が楽しみです。2,3年後になるのかな?次が最終巻、本当に気になります。果たしてヤツは敵なのか、味方なのか!?私は味方に賭けます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

ハリーポッターの最新巻

出たんだよね?最近帰りが遅いから買いに行く時間がない(;_;)
でも前巻がどんな話だったか覚えてないや・・・
まずは前巻を読み直そうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)